iLOUD > SPECIAL - 特集 > 元気ロケッツ『“Curiosity” 3D Music Clips e.p.』特集

2011年06月27日

SPECIAL

元気ロケッツ『“Curiosity” 3D Music Clips e.p.』特集

Curiosity_jk.jpg

ゲームの世界で映像と音楽の融合を追求してきた世界的なクリエイター、水口哲也と、YUKI、中島美嘉、flumpoolなど、様々な人気アーティストを手がける音楽プロデューサーで、クリエイター集団アゲハスプリングス代表の玉井健二による、映像と音楽の融合を実現したハイブリッド・プロジェクト、元気ロケッツ。彼らが、3D+フルCG+5.1chサラウンド対応の世界初Blu-rayミュージックビデオ集として注目を浴びた、昨年末の『"make.believe" 3D Music Clips e.p.』に続き、第2弾3Dミュージックビデオ集『"Curiosity" 3D Music Clips e.p.』を6/29にリリースします。

ここでは、音楽と映像が完全にシンクロナイズした、元気ロケッツの新たなる世界を堪能できる本作『"make.believe" 3D Music Clips e.p.』の内容について、水口氏、玉井氏のコメントと共にご紹介しましょう。


Curiosity_image.jpg


元気ロケッツ "Curiosity" 3D Music Clips e.p.

3D+5.1chで表現される、世界最先端ポップ・ミュージックの最新章


ゲームの世界で映像と音楽の融合を追求してきた世界的なクリエイター、水口哲也と、YUKI、中島美嘉、flumpoolなど、様々な人気アーティストを手がける音楽プロデューサーで、クリエイター集団アゲハスプリングス代表の玉井健二による、映像と音楽の融合を実現したハイブリッド・プロジェクト、元気ロケッツ。ネット上で100万超のアクセスを記録した「Heavenly Star」('06)のミュージックビデオで一躍世界的な存在となると、近年はベルリン・上海・ラスベガスでの3Dライブや2Dライブの開催や、世界13か国での「make.believe」「Flow (Child of Eden Mix)」の配信も実現。現在は、新曲「Touch me」でも人気を博しています。

そんな元気ロケッツが、3D+フルCG+5.1chサラウンド対応の世界初Blu-rayミュージックビデオ集として注目を浴びた、昨年末の『"make.believe" 3D Music Clips e.p.』に続き、第二弾3Dミュージックビデオ集『"Curiosity" 3D Music Clips e.p.』をリリースしました。収録されているのは、新曲「Curiosity」と、今作のために新たにアップデートした「Breeze (SYKZ Mix)」と「Star Line (GRHN Mix)」の3作品。まず、今作の映像面のポイントについて、 水口氏のコメントをご紹介しましょう。

「今回の「Curiosity」の見どころは、実写とCGの融合、特にレーザーを多用しているところですね。レーザーを3Dで見ると、かなり立体感が出て、おもしろい。全体的な世界観も、Lumiの衣装も、いつもと志向を変えてサイバーな雰囲気です。「Breeze (SYKZ Mix)」と「Star Line (GRHN Mix)」は、オリジナルのミュージックビデオの要素を少しだけ取り入れつつ、新しい3D作品に仕上げました。参加したクリエイターたちがそれぞれに音と映像の共感覚性を楽しみながら仕上げた感じが、作品によく反映されていると思います」(水口哲也)

続けて、今作の楽曲面について、玉井氏のコメントもご紹介しましょう。

「「Curiosity」は、やっぱり“実写とCGの融合による新たな3D感”がウリですが、実写に係る要素が増えたことで、サウンドとの連動性を前作以上に追及できたことも大きな魅力。人物の動き+セット+照明+レーザーのすべてのアイテムを、リアルタイムでトラックとシンクさせて撮影した3D映像を元に、CGと5.1サラウンド仕様のMIXを掛け算してくことで、視覚×聴覚にプラスして、“時間”までを立体感で包むことに成功しました」(玉井健二)

Breeze_image.jpg

さらに、玉井氏はこう続けます。

「「Breeze (SYKZ Mix)」と「Star Line (GRHN Mix)」も、元々のトラックを一度バラして、すべての音色と映像の各フレイムまでを“シナスタジア感”に特化して構築し直すことで、今までのミュージックビデオでは出来なかった、“時間のすべてを浚われる”レベルに達した感触を得ました。ここまで出来たのは、“元気ロケッツ”だから(笑)。我ながら秀逸な作品だと思います」(玉井健二)

StarLine_image.jpg

そんな本作の内容は、彼らが語る通り、音楽と映像が完全にシンクロナイズした、ファンタジックな表現世界が詰まったもの。3D+5.1chという最新テクノロジーに支えられた、元気ロケッツらしいポジティブで開放感に満ちたダンス・サウンドの世界を堪能できる、唯一無二の作品となっています。

映像表現の最先端、音響表現の最先端を行く『"Curiosity" 3D Music Clips e.p.』。本作は、まさに元気ロケッツのさらなる可能性を確認できる注目作です(本作収録曲3曲の着うたフル®は、SonyMusicFullをはじめとする音楽配信サイトにて、ダウンロードシングルはmora winにて現在絶賛配信中です)。


【アルバム情報】

Curiosity_jk.jpg

元気ロケッツ
"Curiosity" 3D Music Clips e.p.
(JPN) SONY / SRXL-20
6月29日発売
HMVでチェック

収録作品
M-1. Curiosity
M-2. Breeze (SYKZ Mix)
M-3. StarLine (GRHN Mix)


【LIVE INFO】
元気ロケッツ「インタラクティブ 3D エフェクトライブ」
期間: 6月30日(木)〜7月3日(日)
時間:19:00〜、20:00〜 
※1日2回開催
※定員に達した場合入場をお断りさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
会場:東京・銀座 ソニービル8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)
入場料:無料
http://www.sonybuilding.jp/event/opus/genkirockets/


【オフィシャルサイト】
元気ロケッツ Official Site http://www.genkirockets.com/
agehasprings web site http://www.ageha.net/