iLOUD > SPECIAL - 特集 > “HOUSE NATION”が、リニューアルしてネクスト・ステージに突入!

2011年04月06日

SPECIAL

“HOUSE NATION”が、リニューアルしてネクスト・ステージに突入!

HN_PA.jpg

 2007年のスタート以来、ハウス・ミュージックの楽しさを、幅広い層に伝え続けてきた“HOUSE NATION”。CD、配信音源とパーティーを連動させ、日本のみならずアジア諸国でも人気を獲得している一大プロジェクトです。ソウルフル、ファンキー・ハウスからエレクトロ・ハウス、国産オリジナル・ハウスまで、これまでに紹介してきたトラックは、時代の最先端をいくものばかり。“HOUSE NATION”を通じて、ハウスにハマってしまったという人も多いことでしょう。
 そんな“HOUSE NATION”が、この春、ロゴ、カバーガールも含め、装いも新たに生まれ変わりました。その第一弾として4/6にリリースされた“HOUSE NATION Party Anthems”には、“完全現場主義”をキャッチフレーズに、アメリカ、ヨーロッパ、アジアと世界各地から最新クラブ・ヒットが17曲も集められました。それらからは、ディスコ、エレクトロ、ヒップ・ホップとの融合という最新潮流がバッチリ伝わってきます。
 そこで、iLOUDでは、各収録曲の解説を中心に、“HOUSE NATION Party Anthems”の魅力に迫ってみました。

HOUSE NATION Party Anthems
完全現場主義の新シリーズ第一弾


【収録曲解説】

1.Diskommunications「YMCA」
Village Peopleによる、’78年の大ヒット・ディスコ・クラシック・カバー。謎のユニット“Diskommunications”によるフィルター・ハウス・アレンジが秀逸。“HOUSE NATION”アンセム化必至。

02.Bob Sinclar and Sean Paul「Tik Tok (Joachim Garraud Remix)」
BS.jpg
「Love Generation」の特大ヒットで知られる、フランスが誇る伊達男DJ(写真)と、ジャマイカが生んだスーパースター・レゲエ・アーティストによるラガ・ハウス。リミキサーは、あのDavid Guettaの盟友Joachim Garraud。

03.Stars On 45「45 (Addy van der Zwan Remix)」
AVD.jpg
‘80年代に世界中で人気を博したオランダのディスコ・ユニットによるヒット曲を、Klubbheadsのメンバーとしても知られる、同郷のAddy van der Zwan(写真)がリミックスしたファンキー・ディスコ・ハウス。

04.Michael Woods「No Access (Original Mix)」
MW.jpg
トランス・シーンではWarriorとして活躍していたMichael Woodsが、エレクトロ・ハウス路線に転向して放ったクラブ・スマッシュ。トランス時代に築いた、ビッグ・リフでのピーク演出が聴きどころ。

05.The Caramel Club「Mama Say Mama Sa (Hi_Tack Radio Edit)」
CC.jpg
アフロ・ディスコ・クラシックのManu Dibango「Soul Makossa」(’72)をモチーフにしたバウンシー・ハウス。制作しているのは、オランダのKoen GroeneveldとAddy van der Zwanによる覆面プロジェクト。

06.Drop The Lime「Hot As Hell (Club Mix)」
DTL.jpg
ニュー・ヨークはブルックリンをベースとする、Drop The LimeことLuca Veneziaがリリースした、ロカビリー・ハウス。Drop The Limeは2010年に「Sex Sax」でも、トップDJ達から支持された。

07.Jäger Meisters「Jäger NRG (Version 0)」
JM.jpg
最強のパーティーリキュール“イエーガーマイスター"のブレイクと共に、クラブシーンに彗星の如く現れた謎の3人組プロデューサー・チームによる、ダッチ系エレクトロ・ハウスとピアノ・ハウスの合わせ技。

08.Vanity「Gipsy Moves (Nah Neh Nah)」
VA.jpg
Vibearena、Victor de la Pena、Dave Pryceからなる、ルーマニアのユニット、Deepside Deejaysがプロダクションを手がけた、ハウスにフォークロアの要素を取り入れた一曲。最新潮流を象徴している。

09.Nadia Ali, Starkillers & Alex Kenji「Pressure (Original Mix)」
NA.jpg
iio「Rapture」の大ヒットで知られるシンガーソングライターNadia Ali(写真)が、ラスベガスのStarkillers、イタリアのAlex Kenjiと組んでリリースしたエレクトリック・プログレッシヴ・ハウス。

10.Afrojack「Replica (Original Mix)」
AJ.jpg
「Take Over Control」のスマッシュ・ヒットを持つ、ダッチ・ハウス・ブームの中心人物Afrojackによるテッキーなトラック。Afrojackは2011年、David Guettaとともに、リミキサーとしてグラミー賞を受賞。

11.Avicii「Sweet Dreams (Swede Dreams Mix)」
AV.jpg
まだ20代前半という、スウェディッシュ・ハウス・シーンの未来を担うAviciiが、Eurythmicsが1983年に放った特大ヒット曲を、原型をほとんど留めないまでに過激に変形させたエレクトロ・ハウス・カバー。

12.Steve Angello「KNAS」
SA.jpg
Axwell、Sebastian IngrossoとともにSwedish House Mafiaとして「One」「Miami 2 Ibiza」といったヒット曲を放っているSteve Angelloのクラブ・スマッシュ・ヒット。テッキー・スウェディッシュ・ハウス。

13.Ian Carey featuring Snoop Dogg and Bobby Anthony「Last Night (Extended Mix)」
IC.jpg
「Get Shaky」のヒットで知られる、ボルティモア出身のIan Careyが、ウェッサイのゴッドファーザー、Snoop Doggをフィーチャーしたエレクトロ・ハウス。ヒップホップとハウスの急接近を象徴する一曲。

14.Dr. Kucho! vs Jacobsen「Beyond The Rave (Original Mix)」
DK.jpg
1993年からハウス・シーンで活動するスペインのDr.Kuchoが、オランダのSpinnin Recordsから発表したヒップ・プログレッシヴ・ハウス。ラップとハウスの蜜月は、ここでも確認できる。

15.Discobump Vs Triple X (XXX)「Discosound 2011 (David Jones Remix)」
Earth Wind & Fire「Boogie Wonderland」をネタに、1998年にリリースされたクラブ・ヒットの2011年バージョン。「Barbra Streisand」以降に起こった、近年のディスコ・ハウス復活を象徴する一曲。

16.Cristian Marchi And Nari & Milani Feat. Max'C「I Got You (Antillas & Dankann Inda House Rework)」
CM.jpg
Lucianaを起用したアッパー・トラック「I Got My Eye On You」で知られる、イタリアのプロデューサー・チームがリリースしたボーカル・ハウス。正統派ハウスに通じるピアノの音色が気持ちいい。

17.DJ MASTERKEY presents AKLO & TND「LUV STEP」
MK.jpg
BUDDHA BRANDの一員として、またソロでも日本のヒップホップ・シーンを牽引してきたトップDJが、“HOUSE NATION”のために書き下ろしてくれた、ヒップホップでハウスなマスターピース。


【アルバム情報】

HN_PA.jpg
VARIOUS ARTISTS
HOUSE NATION Party Anthems
(JPN) avex / AVCD-38242
4月6日発売
HMVでチェック

【PARTY INFORMATION】

"HOUSE NATION Party Anthems"Release Party
日時 : 2011.5.8 sun|16:00〜22:00
会場 : 渋谷WOMB (HP:http://www.womb.co.jp/)
料金 : DOOR/3500YEN WF/3000YEN WM/2500YEN

LINEUP:

★ 2F MAIN FLOOR ★
GUEST ARTIST:
MASTERKEY
YURiA(HOUSE NATION)/ Yuji / HIRO Hirakawa / RIKI / Matsugari
VJ:
KATTY / KOJIKOJI

★4F VIP LOUNGE★
TAKANASHI CREW
YO / REINA / HIROSHIGE / SHO / BOB-JPN / NII

2007年WOMBにて強烈なインパクトで一大ムーブメントを巻き起こし、今尚時代の最先端を突き進むHOUSE NATION Tea Danceが、装いも新たに"HOUSE NATION Party Anthems"Release Party @WOMB SUNDAY AFTERNOONとして、聖地WOMBに帰還!日曜日の午後、WOMBを完全にLOCK ON!!今まさに旬なLINE UPでシーンの最先端を提案していくSUNDAY AFTERNOON PARTY!!

“HOUSE NATION Party Anthems Release Tour”
4月8日(金) 北京 COCO BANANA
4月9日(土) 渋谷 CAMELOT
4月16日(土) 佐賀 PARADA
4月23日(土) 広島 club CHINATOWN
4月30日(土) 神戸 Beber
5月8日(日) 渋谷 WOMB
5月21日(土) 渋谷 CAMELOT
5月28日(土) 岐阜 G-GROOVE
6月4日(土) 福岡 O/D
6月11日(土) 浜松 YOUNG&ADULT
7月23日(土) 名古屋 ZEPP

“HOUSE NATION DIVA Audition”開催中!詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
www.housenation.jp

HOUSE NATIONの最新情報はTwitterアカウントhttp://twitter.com/HOUSE_NATION_jpで。

【5代目カバーガール】
oishi.jpg
大石参月(おおいしみつき)
講談社「ViVi」専属モデル
1988年3月22日生まれ
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/ohishi-mitsuki/
Twitter:http://twitter.com/OhishiMitsuki

【VIDEO】