歌が上手くなる方法とは?カラオケ上達のコツまとめ | 全力音楽 -Full power music-
PR

歌が上手くなる方法とは?カラオケ上達のコツを網羅!

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

この記事では歌が上手くなる方法とカラオケ上達のコツ、もう少し進んでプロになる方法にはどんなものがあるのかを紹介します。

年末年始にはクリスマスや忘年会、新年度の始まりで集まった時など、2次会でカラオケに行こう!となるケースも増えてきますね。

NINA
NINA

カラオケは好きだけど上手く歌える自信がない・・・。どうやったら上達するかな?この記事では、そんなお悩みを解決することができます!

 歌声の質を向上させる基本的なテクニック

歌声の質を向上させるためにはいくつかの基本的なテクニックがあります。そしてこのテクニックはどんな歌い手にも共通する重要なポイントになります!

自分の歌声をより良くするステップとしてぜひ活用してください。これらのテクニックは、音楽のジャンルや個々の歌唱スタイルに関係なく適用することができます。

≫必要なところだけ最短で学びたい方は、プロ直伝の動画教材がおすすめ!

MAI
MAI

カラオケはもちろん、普段の発声などにも活かすことができるテクニックもあるためぜひ参考にしてください♪

正しい姿勢と呼吸の仕方

まず、歌声の質を向上させるために絶対に欠かせない要素が正しい姿勢と呼吸の仕方です。歌を歌う際には体全体が楽器となります。そのための基礎となるのが立ち姿勢と呼吸法です。

肩を落とし、背筋を伸ばした姿勢が理想的です。その姿勢から深呼吸を繰り返し、お腹から息を吸い上げる腹式呼吸をマスターしましょう。

しらスタ【歌唱力向上委員会】

同時に歌うための適切な姿勢は体全体の力みを無くし、リラックスした状態になることです。そうすることで自由な歌唱を可能にします。力みがあると声が出にくくなるだけでなく、音程や音圧にも影響を与えます。

また力が入りすぎると高音域が出にくくなります。これらの問題を避けるためには正しい姿勢と呼吸法の実践が不可欠です。

NINA
NINA

“腹式呼吸って何?”と疑問に思った人は、簡単に“息を吸うときにお腹を膨らませて、吐くときにお腹をへこませます”って覚えておけばOKです◎

口の開け方と発声

次に大切なのが口の開け方と発声です。正しい口の開け方は歌声の質を向上させ、より大きな音量を出すことができます。まずは口の開け方です!大きく口を開けて意識して顔の筋肉をよく使うことで声の音域が広がります。

また口を横や縦に広く開けて使うことで喉も連動して大きく動き、発声スペースが増えてより豊かな音色を生み出します。

MAI
MAI

よく聞く喉が開くとはこの口の開け方のことです。カラオケだけではなく何か意見を言う時でもこの口を開き方をして話すと声がはっきり聞こえます。

発声にも大切なポイントがあります。まず肺からの息の圧、つまり腹式呼吸が必要です。腹式呼吸ができればより息を長く保つ力と、歌の途中で息切れすることなくメロディラインを維持することできるようになります!

こういった基礎的なことは何度も復習することが大切です。YouTube動画や動画教材を活用して、身に着くまで繰り返し練習しましょう!

≫基本の復習におすすめ!コスパ抜群の動画教材はこちら

歌詞の意味を理解して感情を込める

テクニックだけではなく、感情を歌に込めることもとても重要です。歌詞の意味をきちんと理解し、それに基づいた感情表現をすることで歌はより深みを持ちます。歌詞に対する理解とそれを表現する力は、聴き手に対して強くメッセージを伝える力となります。

NINA
NINA

力強い歌唱はただの音高とリズムだけではなく、感情とメッセージが共鳴することから生まれます。つまり歌手自身が歌詞の意味やメッセージを理解し、それを歌声に乗せて表現することがとても大切です。

歌声の質を向上させる最も重要なテクニックの1つは、自分の感情と歌詞の世界観を繋げる能力です。これは最も基本的なスキルであり、表現力を向上させる上で欠かすことのできない要素です。

自分の感情と歌詞の世界観を繋げることで、自分だけの歌唱スタイルを確立し、聴き手に対する共感を呼び起こすことが可能になります。

練習法で歌唱力を向上する方法

歌唱力を向上させるためには日々の練習が欠かせません。しかし、ただ歌い続けるだけでは意味がありません。何よりも重要なのは練習方法です!ここからはマイクの持ち方や使い方練習曲の選び方、そして評価を得て自身の歌唱力を高めていくスキルを紹介します。

マイクの持ち方と使い方

マイクの持ち方と使い方は、歌唱力を向上させる上で基礎となるスキルです。まず、最初に理解しなければならないのはマイクは歌声を拾う道具であるということです。したがってマイクを口元から適度な距離に保つことがポイントになります。

距離が遠すぎると歌声が聞こえにくくなりますし、逆に近すぎると音が大きすぎて音割れしたり聞きづらくなります。また歌唱中にマイクを固定した位置から動かさないことも大切です。マイクを動かすとその都度、音量や音質が変わってしまいます。これらの基本的なマイクの使い方を押さえておくだけでもぐっとカラオケで歌いやすくなります。

MAI
MAI

これは固定されたマイクですが皆さん、それぞれ自分の声が綺麗に聞こえるマイクの位置を把握して歌っています。どれくらいの距離で自分の声が綺麗に聞こえるか把握するもの大切ですね

練習曲の選び方

練習曲の選び方も効率的な練習法の一つです。ただ適当な曲を歌うだけでは上手くなりません。曲選びで大切なのは自分の 「comfortable zone」(自分の音域に合った)で歌える曲を選ぶことです。無理な高温を出すことよりも自分に合った曲を選ぶことで歌唱力の向上が期待できます。

NINA
NINA

また歌詞を理解しやすく、感情移入しやすい曲を選ぶことで表現力も豊かになります。そして様々なジャンルの曲を歌うことで、自分の歌唱スキルの幅を広げたり新しい発見ができたりします。

≫女性におすすめのボイトレ曲はこちら!

他の人から評価を得る

他の人からの評価をもらうことで歌唱の向上を図ることも大切です。家族、同僚や友人からのフィードバックを通じて、自分の歌唱力の問題点や改善点を把握することができます。少し厳しいですが批判的な意見も大切なフィードバックになります。自分一人では気づけない癖や改善点を見つけるためにも、積極的に他者の意見を求めてみてください。

MAI
MAI

カラオケで一人練習する際は採点モードも活用してみてください!中にはAIを使った採点もあり、膨大なデータからあなたの歌声を適切に採点してくれます

NINA
NINA

実際のプロに習って評価を得るのもいいね。いきなりレッスンはちょっと・・・という方のために、大抵のボイトレスクールでは体験レッスンが受けられます。

MAI
MAI

無料のとこもあるから、気になるところがあればまずは体験してみるといいかも。興味はあるけど、どこのスクールがいいか分からない・・・という方は、音楽教室の口コミや評判を調べているので参考にしてね。

≫【随時更新中!】実際にあるボイトレスクールの口コミや評判を見てみる

人前で自信を持って歌う方法

実際にカラオケの時に人前で歌うとなると、多くの人が緊張感や恐怖感を抱くかもしれません。しかし実は人前で自信を持って歌うための技術や方法があります!

特定の音楽ジャンルやスタイルに縛られず、多様性を持った声域の開発、独自の歌唱スタイルの追求も大切ですが最も重要なのは、自分自身と聞いている人とのつながりを深める能力です。これらの要素が組み合わさった時に、あなたは人前で自信を持って歌うことができるのです。

テクニックや練習の役割を理解する

今まで紹介してきたテクニックや練習法は単純に歌を上手にするだけではなく人前で自信を持って歌うための確固たる基盤を作り出します。適切な発声法の習得、呼吸法の理解、自身の音域の知識、そして歌詞の伝え方など歌唱における根本的なスキルが身に付きます。

NINA
NINA

そして他の人からのフィードバックやカラオケの採点を通じて、自信を付けることができます!

ストレス解消としてのカラオケ

この記事ではカラオケで歌が上手くなる方法を紹介していますが、実はカラオケにはそれ以外の意義もあります。それは自身のストレス解消と感情の表現の場として役立つ点です。歌うことは感情を音楽に乗せて表すことことでストレスを解消したり悩みを吹き飛ばすことができたりします。

MAI
MAI

一人カラオケでは自分自身だけで向き合うことで自分の感受性や感情を知ることができます。ストレスなく歌うことは自信を持って歌うための大切なステップとなります。

カラオケでのリアルな練習

実際にカラオケに行って練習するのはとても大切なことです。カラオケという空間で歌うことで自分の歌唱スキルを客観的に確認できます。さきほど紹介した曲選び方法で曲を選び、自由に表現することで自分自身のスタイルや表現力を探求することができます

またカラオケは友人や家族との時間でもありますが他の人の反応を直接見ることができるチャンスでもあります。これって歌が上手くなることと関係ある?と思うかもしれませんがまずは親しい人と行き、徐々に自信を付けていくことが人前で自信を持って歌うための重要な鍵となります。

音程を合わせるには

さてここからは少し専門的な上達のコツを紹介します。まずは音程です!歌を上手に歌うには音程を合わせる技術は必須です。これにより曲全体の調和が保たれ、美しいメロディーが奏でられます。しかし音程を正確に合わせることは初心者にとっては難しい挑戦ですよね。

ではどうやったらできるか・・。それを習得する方法を順番に紹介していきます!

音符の高さの理解

「音符の高さ」は音楽の基本的な要素であり、各音符が持つ高さが曲全体の音程を決定します。そのため音程を理解するためには、まず音符の高さを体感することが重要です。音階が低いからといってその音が単に「低い」だけでなく、それがもたらす音の雰囲気や感情を理解することも大切です。

NINA
NINA

音符の高さを理解するための第一歩としては「譜面を読む」訓練が必要です。譜面上の位置によって音の高低が左右されますが、高すぎたり低すぎたりすると、聞く人に与える印象や感情が大きく異なってきます。

もし手元にピアノやキーボードなどの楽器がある場合はその楽器を使って、音符の高さを具体的に感じてみましょう。コードを押すことでどのような音が出るのか、どの音が高く、どの音が低いのかを覚えることが有効です。

耳を鍛える訓練方法

音程を正確に合わせるためには「耳を訓練」して、音の違いを感じ取る能力を育てていくことが重要です。これは旋律や和音の種類を聴き分け、自分が歌う声と演奏の音が合っているか理解する能力を身につけることにつながります。

MAI
MAI

具体的な訓練方法としてまず一つひとつの音をよく聴き、それがどの音階に属しているかを認識することから始めましょう。そのうえで異なる音階の音を聴き比べ、それぞれの音がもたらす感覚や雰囲気を感じ取ります♪

また楽器を演奏しながら自分の声や他の楽器との音程の関係を意識することも重要です!音楽はコミュニケーションの一種であり、自分だけでなく他の音とのつながりを感じながら演奏することで望む音程に近づくことができます。

詳しくは ≫和音とは何かを簡単にに解説!

音階の勉強

音程を理解し、耳で音の違いを感じるためには、「音階の勉強」が欠かせません!

NINA
NINA

「音階」とは音を特定の順序で並べたものであり、一連の音のパターンが曲の基盤となります。音程を理解するためにとても大切なことのため覚えておきましょう!

始めはドレミファソラシドというような基本的な音階から始め、その構造と音の関係を理解しましょう。そのうえで、メジャースケール、マイナースケールなど、様々な音階を学ぶことにより、音楽の豊かな表現力を手に入れることができます。

  • メジャースケール
    明るい印象を受けるスケール
  • マイナースケール
    悲しげ・暗い印象を受けるスケール
UGchannel

音階の勉強を通して、音楽の「言葉」を学び、音と音の関係性を理解していくことが大切です。それにより、音程を合わせる技術も自然と身につくでしょう。しかし、知識だけでなく、実際に歌いながら体感することも重要です。耳と身体全体で音を感じ、音楽の世界に深く浸かってみましょう。

音色を良くする方法

次の専門的な言葉は「音色」です。「音色」とは人の声や楽器の出す音の色彩、または響きの質をさす言葉です。美しい音色を出すためには適切な声帯の使い方と発声の基礎が必要となります。

MAI
MAI

もしお気に入りの歌手がいたらマネしてみてください♪マネをすることでも自分独自の音色を発見し、向上させる可能性があります。

声帯の使い方

音色を良くするためには正しい「声帯」の使い方を理解することが大切です。声帯は 咽頭にある発声するための器官であり、正しい使い方をしなければ効果的に働きません。まずは声帯をリラックスさせて、自然な状態に保つことが重要です。

NINA
NINA

声帯が緊張していると自然な音色を出すことが難しくなります。また声帯を無理に張りすぎると、かえって声も出にくくなります。そのためリラックスした状態で声帯を使い、無理なく声を出すことが大切です!

次に適切な呼吸法も説明しましょう。歌や話すときには深呼吸をしてから声を出すと、リラックスして深みのある音色を出すことが可能です。お腹から吸い込む深呼吸を心がけ、呼吸と共に声を出してみましょう。これにより声帯への負担も減らすことができます。

発声の基礎

続いては発声の基礎について話します。発声は言葉を発するうえで基本的な要素ですが、それが独特な音色を生む大切な部分です。音を出す際には、声帯だけでなく体全体を使って声を出すことが必要です。具体的には、口腔全体や舌、喉をうまく使い、さらには、深呼吸をすることで肺や胸、腹部なども声の発声に関与します。

ココウィズちゃんねる

特に、口の使い方は音色に大きな影響を与えます。口を大きく開けて声を出すと、より幅広い音域をカバーすることが可能となります。また、舌の形によっても音色は大きく変わります。舌の位置や形状をうまくコントロールすることで、幅広い音色の表現が可能となります。

MAI
MAI

これは最初の方で紹介した歌声の質を向上させる基本的なテクニックとほぼ同じですね。このことから基本がいかに大切かよくわかります。

好きな歌手のマネをする

最後に好きな歌手のマネをする方法について説明します。これは自分の音色を見つけるための有効な手段です。お気に入りの歌手の歌声の魅力を理解し、それを自分の歌声に取り入れることで自分だけの音色を見つけやすくなります。

また好きな歌手の音色や歌い方をマネすることで、自分がなりたい音色に近づくことができます。ただあくまでもマネすることは手段の一つであり、最終的には自分自身のオリジナルな音色を築くことが大切です。そしてそれを通じて自分だけの音楽世界を広げていきましょう。

世界のプロが教える歌唱法

音楽は世界共通の言葉であり、同時に感情を伝える手段でもあります。その中で特に歌は人々に深い情感を届ける力があります。しかしその歌をもっと鮮やかに、もっと深く伝えるにはどうすればよいのでしょうか。

ここでは世界のプロが教える歌唱法について見ていきましょう。美しい声には技術が必要ですが、プロもそれだけではなく情緒と感情の表現も必要不可欠です。それらを兼ね備えて初めて、心に響く歌声が生まれるのです。

アーティストの歌い方から学ぶ

たくさんのアーティストがそれぞれの個性を歌唱法に反映させています。筋肉の使い方から声の出し方、呼吸法まで、世界のトップアーティストから学ぶことは多くあります。

例えば、数々の音楽賞を受賞しているAdele Laurie Blue Adkins(アデル・ローリー・ブルー・アドキンス)深い呼吸を取ることで豊かな音色を生み出しています。彼女の歌唱法はリラクゼーションと深呼吸に全てを集約し、情感豊かな歌声を作り上げています。

Adele
NINA
NINA

彼女の歌声の音色は深く重低音も響いてますね。プロはこういった音色を自在に操り人を惹きつけています!

プロが行うウォーミングアップ

歌う前のウォーミングアップはとても大切です。もし真剣に歌唱を学ぶなら、このウォーミングアップを欠かすことはできません。

プロでもウォーミングアップ声帯や筋肉をならし、歌唱に適した状態にします。この作業を怠るといざ歌うときに声が出ない、または高温が歌えないという問題が生じます。

MAI
MAI

ウォーミングアップはストレッチから始め、「あ」などの簡単な音で声出しをしてからスケールの練習や発声練習を行いましょう。まずは、先に紹介した発声の基礎にあるYouTube動画の実践をおすすめします◎

自分に合った声質を見つける 

歌唱法を習得すには自分の声質を理解し、それを最大限に活用することが重要です。一人一人の声は、その人自身の個性を反映しています。そのため他人の声をコピーするのではなく、自分なりの声を見つけることが大切です。

例えば、自分が高音域に強いのであれば、その特性を生かす曲を歌ったり、逆に低音域が得意であれば、それに合わせた楽曲や歌唱法を探すといったことが考えられます。歌はその人自身の個性を表現するものです。

NINA
NINA

さきほど好きな歌手のマネをするという方法を紹介しましたが、高音の出し方を取り入れたりするのは良いことです!しかし、全てをコピーしてはいけません

それぞれが自分らしい歌い方を見つけて、音楽を楽しんでいきましょう!

ボーカルテクニックを極める

歌は感情を伝える素晴らしい手段のひとつです!その表現力を最大限に引き出すためには技術がとても大切になってきます。特にビブラートの効果的な使い方、ファルセットの技術、ハイトーンボイスの出し方といったボーカルテクニックを極めることが要求されます。

どうのように極めればいいか、順番に紹介していきます。

ビブラートの効果的な使い方

ビブラート音が揺れ動くような効果をもたらします。その魅力的な表現力から多くのシンガーが利用していますが、使い方一つで歌の魅力を飛躍的に高めることが可能になります。

一つのテクニックとして長いフレーズの終わりや高音部でビブラートを掛けることで、表現力を増すことがあります。

しらスタ【歌唱力向上委員会】

しかしビブラートはあくまで歌のスパイスの一つであり、使いすぎると逆に味わいが損なわれてしまいます。そのため使うタイミングや強さ、速さなどを調整することがポイントとなります。

ファルセットの技術

ファルセット男性が高音を出すためのテクニックであり、女性がさらに高音を出す際にも使用します。しかしただ音を出すだけではなく、適切な発声方法と共に効果的なリズム感も必要になります。

しょうへいの歌みた研究部

ファルセットを使うときは空気の流れを一定に保ち、声帯をリラックスさせることが大切です。またピッチが安定するように意識することも重要です。このようにファルセットは単なる高音出しのテクニックではなく、精密なコントロールが求められる技術なのです。

≫リズム感を鍛える方法について

ハイトーンボイスを出す方法

ハイトーンボイスはプロが歌う際、クライマックスでよく使用されます。歌の感情を高める効果があり、そのボイスに観客は魅了されますよね。ただし単に高音を出すだけではなく、正しいボイストレーニングが必要な領域です。

shougo TV

まず基本的な息の使い方から学んでください。息が足りないと力任せに声を出そうとしてしまい、声帯に負担をかけてしまいます。また口の開き方や舌の位置も大切です。口を大きく開けることで、声がスムーズに出ることができます。

ハイトーンボイスを出すためのルーティンを定め、常にトレーニングを行っていきましょう。

歌手を目指すためのステップ

本格的に歌手を目指すと決めてもどうしたらいいかわかりませんよね。ここからはどんな方法があるかいくつか紹介します。

MAI
MAI

挑戦を恐れず、練習を積み重ねて少しずつ自分自身を成長させていきましょう毎日の努力が夢を叶える原動力となります。

カラオケ大会の参加

まずはカラオケ大会へ参加してみてはいかがでしょうか?簡単に参加でき、初めて人前で歌う勇気を出すための一つのステップにもなります。大会で歌うことで、自身の歌唱力やパフォーマンスを他者から評価してもらう良い機会にもなります。

大会出場を通して自分の音楽に自信を持つことは、プロの歌手を目指す上で大切なポイントです。また他の参加者のパフォーマンスを見ることで、新たな視点や刺激を得ることも可能です。

自身の進歩を確認する機会と、他者から学ぶ機会を得ることがカラオケ大会のメリットでしょう。

NINA
NINA

BAKKY主催の全国カラオケ大会では、実際にデビューしている人も多数!興味ある人はぜひ公式サイトをチェックしてください♪

自身の歌唱力を評価してみる

自身の歌唱力を的確に評価することは、歌手を目指すうえで必要不可欠なスキルです。自己評価は自己成長につながるため、レッスンや練習を重ねる中で、常に自己評価を意識することが重要です。

MAI
MAI

自分の歌を実際レコーディングして聞いてみてください!携帯のアプリでも簡単にレコーディングすることができます。

歌唱力の向上には、声のコントロール、リズム感、表現力などが必要とされ、それぞれを客観的に見つめ直すことで、自身の弱点を明確に認識し、改善策を見つけ出すことができます。

NINA
NINA

今は自宅で気軽にオーディションが受けられたりします。実力を試したい、音楽活動がしたいという気持ちがあれば、誰にでもチャンスはあります!

≫社会人対象のボーカリストオーディション!ミュージックプラネット

音楽業界への第一歩

歌手を目指す上で音楽業界への第一歩を踏み出すことは決して容易なことではありません。しかしこの一歩があなたの夢の実現へと繋がる重要なステップです!

オーディションやアーティストデビューのためのプロジェクトに参加する、アーティストマネージャーや音楽プロデューサーとのネットワーキングを図るなど、あらゆるチャンスをものにするための努力がとにかく求められます。興味のあるものには積極的に参加してみましょう。

MAI
MAI

自分から動かなければいつまで経っても始まりません。どうか最初の一歩を恐れず踏み出してください!

どれだけ自分を磨くか、どれだけの行動力を持つかが成功への鍵となります。

タイトルとURLをコピーしました