リズム感を鍛える方法は?リズム感がない人におすすめのトレーニング! | 全力音楽 -Full power music-
PR

リズム感を鍛える方法は?リズム感がない人におすすめのトレーニング!

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

楽器を始めてみたけど、リズム感がなかなか掴めない。リズム感がないからダンスは苦手。

そんな方のために、今回はリズム感を鍛える方法と、リズム感がない人におすすめのトレーニングを解説していきます!

JILL
JILL

リズム感の意味から自己診断、トレーニング内容までしっかりと解説していきます!

≫リズム感と才能、遺伝の関係性はこちら!

リズム感の基本

音楽、ダンス、スポーツなど、日々の生活の中で、リズム感という言葉を耳にします。では、そのリズム感とは一体何なのでしょうか?解説していきましょう。

リズム感とは?

まず、リズム感とはどういった意味なのでしょうか?

リズム感とは、音楽や動作のテンポを感じ取る、またそれに合わせる能力のことをいいます。身体を動かすときも、歩くリズムや運動、ダンスなどにおいてリズム感が欠かせません。

JILL
JILL

音楽において、単体の音で歌のように曲のメインとして奏でるメロディーや、そのメロディーを支えて引き立てる複数の和音ハーモニーと並ぶ、楽曲の三大要素です。

リズム感が良いとは、正確なタイミングでリズムを捉える能力が高いということです。また、リズムの一部を推測する能力も大事な要素で、具体的には、表拍(おもてはく)と裏拍(うらはく)を感じて、それを正確に行動に移せることをいいます。

SHIORI
SHIORI

表拍と裏拍ってなに?

Q
表拍(おもてはく)と裏拍(うらはく)とは?
A

拍子(ひょうし)の取り方の違いです。日本の童謡や民謡は表拍の方が強調されますが、英語圏のジャズやロックでは裏拍の方が強調されます。

裏拍とは、とらえやすい表拍の間にある拍で自分でリズムをとらなければなりません。

JILL
JILL

例えばリズムを取るときに「トン!トン!トン!トン!」と刻むよね。この「トン」の部分が表拍で、「!」の部分が裏拍なんだよ。表拍と裏拍の部分は交互にくるね。

SHIORI
SHIORI

そうなんだ!英語でリズム取るときによく言う「ワン&ツー&スリー&フォー」の「&」のところが裏拍になるんだね!

JILL
JILL

さすがSHIORIちゃん!ドラムやってるだけあって理解が早いね!今回のリズム感は、SHIORIちゃんのようにドラムなどの打楽器を演奏する際にとても大切なことなんだよ!

スポーツでのリズム感の重要性

リズム感が大切なのは、音楽だけではありません。特にスポーツにおいては、リズム感がスキルの向上に繋がります。

SHIORI
SHIORI

スポーツにリズムって関係あるの?

JILL
JILL

例えば、テニスでは相手が打球するときに一定のリズムを刻んで構えていると、飛んできたボールに対応しやすくなるし、バスケでは、シュートのタイミングを獲得するため一定のリズムでドリブルするなどのトレーニングを行っているんだ。

SHIORI
SHIORI

確かに一定のリズムを刻んでいるね!楽器やダンスだけじゃないんだ!

JILL
JILL

そうだよ!音楽的にリズム感やタイミングを合わせることを、「ビートを刻む」「テンポを合わせる」心地よいリズムのこと「グルーヴ」というよ!

日常生活の中でも、歩くリズムや話すリズムをつかむことで、相手に与える印象も変わります。リズム感が良いとは、このようなリズムを掴む能力を持つことです。

なぜリズム感が良いといわれるのか?

リズム感が良いと言われる人は、表拍と裏拍を正確に刻めて、かつ瞬時に合わせて体を動かしたり、楽器を弾くことができる人のことをいいます。

JILL
JILL

例えば、楽器だとドラマーやベージスト、ダンスだとクラシックバレリーナやヒップホップダンサー、アスリートだと、野球選手やバスケットボール選手などは特にリズム感が要求されるんだ!

周囲とリズムを合わせることで協調性も生まれ、共同作業の効率を向上させる効果もあります。

SHIORI
SHIORI

でも自分でリズム感が良いのか悪いのか、よくわからないよ。

JILL
JILL

確かに、客観的に見ないとわからないよね。そんなときは自己診断テストを行ってみるといいよ!

あなたのリズム感をチェック!

音楽を聴くだけでなく、身体を動かすとき、言葉を話すとき、一日の生活のリズムまで、私たちの日常にはリズムがたくさん存在します。では、そのリズム感がどれくらいあるのか、チェックしてみましょう!

リズム感の自己評価テスト

リズム感を知るにはどうすればいいのでしょうか。リズム感を測る自己評価テストを行ってみましょう!

SLEEP FREAKS

まずは、メトロノームのリズムに合わせて身体を動かすことができるか、ビートをカウントすることができるかをチェックしてみましょう。

SHIORI
SHIORI

最初は簡単なリズムだけど、裏拍がついたり、手拍子の感覚をずらしてリズムを刻むようになって難しくなってくるよ!

優れたリズム感を身につけている人は、音楽に対する感受性が高く、自然と体が動き出す傾向があります。自分のリズム感がどれくらいのレベルなのか、把握することが大切です。

リズム感診断で知る自身の強みとは?

リズム感診断を行うことは非常に重要です。なぜなら、自分がどのリズムが得意か、どういったリズムが苦手なのかを知ることができるからです。

JILL
JILL

リズム感が鋭い人は、物事をすばやく処理する力や、周りの変化に柔軟に対応する能力が高いといわれています!

音楽だと、リズムに対する感受性や感性が高く、ビートを刻む打楽器に向いています。リズム感診断によってどんな音楽ジャンルが得意か、どんなダンスや楽器が得意かを判断し、自分の強みを再認識する手段となりす。

診断結果に基づくスキルアップ計画 

診断結果をもとに、自分のリズム感を活かしたスキルアップ計画を立てることが大切です。

SHIORI
SHIORI

どんな楽器を始めるか、どのジャンルのダンスを始めるか目安にもなるね!

リズムトレーニングを日常に取り入れることで、さらにスキルを伸ばし、ダンスや楽器演奏の質を高めることができます。逆に、リズム感に課題が見つかった場合でも、適切なトレーニングを始めることで、徐々に改善していけます。

JILL
JILL

音楽トレーニングはリズム感を鍛える効果があるから、積極的に取り組むことをおすすめします!

リズムトレーニング 

リズムトレーニングとは、体の動きのメリハリや、音楽でいう音の抑揚を向上させるためのトレーニングです。始める際に大切なのは、そのリズムを掴むことから始まります。では、どのようにトレーニングを行えば良いのでしょうか?解説していきましょう。

簡単なリズムトレーニング

簡単に行うことができるリズムトレーニングは手拍子です。音楽に合わせて、正しい手拍子でリズムを刻んでみましょう。

しらスタ【歌唱力向上委員会】
SHIORI
SHIORI

正しい手拍子ってどうやるの?

JILL
JILL

適当に手を叩くのではなく、手と手の間の距離を短くして叩くことが大切なんだ。叩いていないときもリズムを刻むことを意識して手拍子してみると、自然と裏拍の取り方も理解できるようになるよ!

慣れてきたら足もつけて練習してみましょう!手拍子は表拍、足踏みは裏拍でリズムを刻むことにより、より一層リズム感が良くなります。これらのトレーニングは、自然とリズムを感じる感覚を養うことができます。

リズムトレーニングの効果とは?

リズムトレーニングがもたらす効果は、どのようなものがあるのでしょうか?

JILL
JILL

リズム感を付けることによってダンスのパフォーマンス力が上がったり、歌や楽器であれば抑揚をつけやすくなります。

SHIORI
SHIORI

私みたいにバンドをやっていると、音合わせの時にタイミングも取りやすくなるし、即興演奏もできるようになるよ!メンバーとの協調性も強くなって楽しく演奏することができるね!

その他にも、リズム感を取得するための集中力向上、リズム感が掴めてスムーズに行動に移すことができるようになり、ストレスの軽減にも効果があります。

リズムトレーニングの注意点とは?

リズムトレーニングを行う際には、いくつかの注意点があります。

JILL
JILL

まず、自分のペースで行うようにしましょう。無理に早くテンポを上げたり、力を入れすぎると逆にリズムを崩す原因となります。

また、長時間のトレーニングも避けましょう。無理のない範囲で少しずつ練習し自身のリズム感覚を養っていくことが大切です。

SHIORI
SHIORI

まずは、自分ができる範囲でやってみて。課題が見えたら少しずつ改善していき、楽しくトレーニングすることが大事だよ!

リズム感を鍛えるためのレッスン

リズム感がない人でも、意識的な練習によって鍛えられます。では、どのようなレッスンを行えば鍛えることができるのか、解説していきましょう。

≫音楽教室でプロのレッスンを受けたい人はこちら!

歌を歌うことでリズム感をつかむ

歌を歌うという行為は音楽のリズムをわかりやすく感じることができ、優れたリズム感の訓練方法です。既存の曲から歌い始めれば、リズムの感覚を理解することができます。

東本ボイストレーニング

既存の曲のリズムとは違うリズム感で歌ってみましょう。伴奏が変わってもリズムを変えずに歌ってみることで、よりリズム感覚がつかみやすくなります。

JILL
JILL

自分でリズムを変えて歌ってみましょう!抑揚の付け方を変えてみることによって、いつも聞いている曲とは違ったイメージを持つことができます!

最初は難しく感じるかもしれませんが、繰り返しレッスンを行うことで、自然とリズムに合わせて歌えるようになります。また、好きな曲を何度も歌い、より複雑で変化のあるリズムの曲に挑戦してみましょう。

ダンスを学ぶことでリズム感を磨く

ダンスは音楽の流れを身体で表現します。リズム感を磨くための最適な方法の一つといえるでしょう。

【ビギスタ】ビギナーズ ダンススタジオ

ダンスのレッスンを受けることで、音楽のビートを体に覚えさせることができ、自然とリズム感が身につきます。

SHIORI
SHIORI

鏡にむかってダンスしたり、実際にレッスンしているところを録画してみよう!自分のパフォーマンスを客観的に見ることができて、改善点を見つけやすくなるよ!

また、一人で踊るだけではなく、パートナーやコーチと一緒に踊ることで、より深くリズム感を理解することができます。さらに、何人かで同じダンスを行うユニゾンは、同時に複数のリズムを感じる機会となり、新たなリズム感の発見につながります。

楽器を使うことでリズム感を養う

楽器演奏は、リズム感を養うための効果的な方法の一つです。ドラムやパーカッションのようなリズムを基盤とする楽器から始めましょう。

yamaguchi ryushiro

まずは、自分の好きな曲に合わせて、1つずづ鳴らしてみましょう。次に2つ同時にならしてみる、手足のリズムを変えてみるという風に、できるようになったら少しずつステップアップしていきましょう!

SHIORI
SHIORI

最初のうちは、手足がバラバラに動いてリズムが違うと、混乱してしまって演奏どころではなくなってしまうから、ドラム用のメトロノームを使って一定のリズムを維持するレッスンを行うことをおすすめしているよ!

bloomz 楽器 web shop
¥6,072 (2024/01/30 18:39時点 | 楽天市場調べ)

楽器を弾くことでリズム感を育て、音楽のリズムをより深く理解できるようになります。

リズム感はただ楽器を演奏するだけではなく、音楽を聞いたり、歌ったり、踊ったりする全てのパフォーマンスを豊かにするための基礎的な部分になるので、しっかりと理解してレッスンを行いましょう。

≫子どもにおすすめの楽器はこちら!

≫初心者や大人が始めやすい楽器はこちら!

心理学的アプローチとリズム感 

リズムは、音楽を聴くだけでなく、自身の行動や生活環境にも大きな影響を与えています。では、これらのリズムはどのようにインパクトを与え、また脳を通じて私たちの行動に影響を及ぼすのでしょうか。解説していきます。

≫リズム感と遺伝の関係性はこちら!

音楽と脳の関係

音楽は人間の脳に大きな影響を与えます。特に音楽が放つリズムは、脳波と同調し、聴く者の心理状態を変化させる力があります。この現象は、心理学的視点から「音楽療法」として活用されています。

JILL
JILL

人間の心音は3拍子で、生まれる前から聞いているリズムが心にやすらぎを与えてくれます。音楽療法により、血圧低下や精神の安定など、さまざまな疾患に効果があるという研究結果があります。

音楽のリズムが脳に与える影響は科学的にも証明されています。創造力や集中力、言語的記憶の向上、リラクゼーション効果など、心にも良い効果があります。

SHIORI
SHIORI

幼児期から楽器に触れている子供のほうが、話す言葉の種類が多いなどの言語的記憶が高いという研究結果もあるんだよ。

ダンスによる脳の仕組み

リズムに合わせて踊るというのは、一見単純なようで実は非常に複雑なプロセスであり、その背後には多くの脳の機能が働いています。うつ病改善につながるドーパミンやセロトニンの分泌が活発になり、活気のある生活を送ることができます。

JILL
JILL

記憶力アップや、自己肯定感が高まるなど、良いことばかりなんだよ!

SHIORI
SHIORI

脳だけでなく、心も健康的になるんだね!

また、体を動かすことによって運動力も高まり、ケガや転倒のリスクを下げることもできます。

さらに、社交的なダンスの場合、先生や他者のダンスと自分のダンスを見比べて違いを観察し、それを自分のものにするために考えながら自主練をおこなうことで、自然と観察力や考える力も高くなります。

すべての優美な動きが、結果的には脳が捉えたリズムに合わせて成り立っているのです。

楽器演奏による脳の仕組み

楽器を演奏する行為は、リズム感の育成や脳の運動制御能力の向上に大きく影響します。

JILL
JILL

特にピアノのような楽器は左右の手を異なるリズムで動かすことを必要とするため、右脳と左脳、両方が協調して働き、脳が活性化されます。

楽器を演奏するときは、指先を細かく動かしたり、ドラムなどは手足で異なるリズムを刻むことで、運動機能が高くなる運動野という脳の機能が活発になります。

また、ダンスと同様、楽器演奏でも、音を正確に聞き取る集中力が高くなったり、さまざまな譜面の楽譜の読み方を覚えるための記憶力も高くなります。

SHIORI
SHIORI

楽器演奏による脳の活性化は、認知症予防の一環としても注目されているんだ!

脳のリズム制御を鍛えることは、記憶力、注意力など、生活の色んな側面にプラスの効果をもたらします。今現在も多くの脳科学者たちが、その効果と可能性について探求を続けています。

リズム感トレーニングのスケジュール設定 

リズム感を鍛えるための最適なトレーニングスケジュールの設定方法について解説していきます。

リズム感トレーニングの頻度

リズム感のトレーニングは、頻度と時間によって効果が変わります。十分な効果を得るためには、何度も繰り返し練習することがリズム感を鍛えるのに効果的です。

JILL
JILL

少しずつで良いので、継続的にトレーニングするようにしましょう。

一定の時間を決めてトレーニングすることがおすすめです。しかし、トレーニングの時間は長すぎても身体が疲れてしまい、逆効果になることもあります。

SHIORI
SHIORI

無理してトレーニングして怪我したら大変だよ!疲れているときは手拍子だけのトレーニングにして、体力が回復したらダンスや楽器のリズム感トレーニングを行うなど、工夫しながらトレーニングしましょう!

効果的なリズム感トレーニングのスケジュール

トレーニングの頻度を知ることができました。では、どのようにスケジュールを組んでトレーニングを行えば良いのでしょうか?

JILL
JILL

僕は歌うことを仕事にしているから、仕事に行く前の30分で、リズム感トレーニングを行っているよ。休日は、ストレッチやランニングをしてなるべくストレスを溜めないようにしているんだ。喉を休めることも仕事だからね。

SHIORI
SHIORI

私は学校とバイトがあるから、平日はお風呂に入っているときに動画を見ながら手拍子や声に出してリズムのトレーニングを行っているよ!休日に30分ほどドラムを使ってリズム感を鍛えてるんだ♪

自分の行動に合ったスケジュールを組むようにしましょう!また、適度に休憩しながらトレーニングを行うことで、無理なく継続することが可能です。

このスケジュールを設定することで、リズム感は自然と身についていきます。時間がある休日には、少し長めにトレーニングを行うのも効果的です。

リズム感向上を確認する

リズム感の向上を確認するためには、自分自身の演奏や、体の動かし方の確認や評価、改善です。

メトロノームと一緒にタイミングよく演奏したり、ダンスしてみましょう!リズム感がしっかり身につくようになります。

JILL
JILL

演奏がスムーズになってきたか、リズム感のあるダンスができているか確認する為に、録画して客観的にみてみましょう。目視で見ることにより、きちんとリズムが取れているか、体の動かし方が正しいか、当事者とはまた違った視点で見ることができます。

また、他の人と一緒に演奏したり、即興演奏ができるようになったら、リズム感が高まっている証拠といえます。

SHIORI
SHIORI

トレーニングを行う際に、改善点だけでなく、以前と比べて何ができるようになったか、どのくらいリズム感が掴めるようになったか、小さなことでも良いので、できるようになったところを見つけましょう。モチベーションアップになってやる気が出てくるよ!

リズム感を生活に取り入れる

 リズム感とは、音楽や体の動きにおける一定のパターンを認識し、それに沿って動く能力のことを指すとともに、日常生活のあらゆる行動にも関連しています。

では、どのような行動を生活に取り入れたらよいか、解説していきます。

ダンスや音楽活動でリズム感を使う

 リズム感を活用する方法として、ダンスや音楽活動が挙げられます。

JILL
JILL

ダンスも楽器演奏も、ビートに合わせて体を動かすので、リズム感を鍛えるのにピッタリです!

ダンスでは、音楽のリズムに合わせて腕、足を動かし、それに加えて身体全体で音楽と一体化することで、リズム感を全身で感じ、理解をしながらトレーニングすることができます。

また、演奏活動ではメトロノームや即興演奏でタイミングを合わせ、楽譜の読み方やコード進行を学び、楽器を演奏することでリズム感を鍛えることができます。

SHIORI
SHIORI

特に私がやっているドラムやベースはリズムを刻むことが大切なんだ。ギターやピアノの和音、ボーカルのメロディーの土台になるから、正確なリズムを刻んでしっかりと曲をリードしていかなきゃいけないんだよ!

スポーツでのリズム感の利用

スポーツもまた、リズム感を鍛えるのに最適な活動の一つです。テニスやバスケットボールなどの競技では、ボールの動きや相手の動きを予想して、適切な時間と場所で動作を行うことが求められます。

トレーニングの一つとしてリズムコーディネーショントレーニングを導入している団体もあります。

Orange Sunshines -市立柏高校女子バスケットボール部-

リズムコーディネーショントレーニングとは、団体や競技により内容は異なりますが、大まかにいうと、2拍や3拍のリズムに合わせてタイミングよく体を動かし、次の行動に移しやすくするトレーニングです。

JILL
JILL

プロ野球の球団でも行われているトレーニングなんだよ!

SHIORI
SHIORI

私は中学のときバスケ部で、音楽に合わせてドリブルしたり、スリーポイントシュートの練習を行ったよ!弟は野球部だったんだけど、同じように音楽のリズムに合わせてバットを振るスイングの練習したり、素早くボールをキャッチできるように3拍子のリズムを徐々に早くして反復横跳びのトレーニングを行っていたよ!

一定のリズムを保つことで体力を効率よく使うことが可能になるとともに、リズム感が持続力や集中力を高めるのに役立ちます。これらの活動を通じて、リズム感に対する認識を深め、体感することができるのです。

日々の生活でリズム感を鍛える

日常生活の中でも、リズム感を鍛えることは可能です。例えば、散歩や会話などの日常の作業でも、一定のリズムを意識して行えば、リズム感を鍛えることができます。

JILL
JILL

散歩のときに頭の中で「1・2・1・2」と一定のリズムを刻んで歩いてみましょう!いい運動になりますよ!

また、話し言葉にもリズムがあります。会話の中で、抑揚や一番伝えたいことの前に一呼吸おくなど、自然と言葉のリズムをとることで、リズム感を鍛えることができます。

これらの日常生活の中でのリズム感を育てることで楽器演奏やダンス、さらにスポーツにも自然とリズム感を取り入れることができます。

リズム感をキープする

リズム感は天性のものだと思いがちですが、日々の生活習慣に気をつけたり、意識的なトレーニングを行うことで、鍛え上げることが可能なスキルであることがわかりました。

では、具体的にどのようにリズム感を維持、向上させていくのでしょうか。解説していきます。

リズム感を保つための生活習慣

リズム感を持つための最初のステップは、日々の生活習慣を見直すことから始まります。

SHIORI
SHIORI

特に、食生活や睡眠、運動のバランスが大切だよ!

  1. 食事
    栄養バランスが整っていると、体が重くなることなくスムーズに動かすことができるようになり、リズム感が自然と身につきます。
  2. 睡眠
    質の良い睡眠は、体を十分に休ませることができ、脳の働きを活性化させ、リズムを感じる力を付けることに繋がります。
  3. 運動
    体を動かす際にリズム感を意識して行うと、自然とトレーニングに繋がります。適度な運動は、体のリズムを整え、精神的な安定をもたらします。
JILL
JILL

運動前にストレッチやヨガを行い、体をほぐしてあたためてから運動すると、ケガ防止になり、スムーズに運動を行うことができます。

リズム感を維持するためのトレーニング

リズム感を保つためには、日々の実践的なトレーニングも重要となります。具体的な方法としては、楽器の演奏やダンス、曲を聞きながらリズムを取るなどがあります。

JILL
JILL

簡単なトレーニングで良いので、持続的に続けましょう。

EnCount Dance Channel

休憩を挟みながら、無理のない範囲で続けましょう。これらの活動はリズム感を直接鍛えるだけでなく、どうしたらスムーズに体を動かせるか考えながら行動することで脳を活性化します。

リズムに乗って体を動かすことでリズム感が自然と養われ、振り付けの見せ方や、ダンスレベルを上げることに繋がります。

リズム感の向上を感じる

リズム感が向上した時の喜びは、すぐには感じ取ることができません。しかし、毎日少しずつトレーニングを行うことにより、確実にスキルアップします!

JILL
JILL

日々のトレーニング内容を記録したり、録音、録画して確認してみましょう!1週間続けて行うだけでも、確実にスキルが上がってるよ!

音楽を演奏する際の感動や、ダンスでの自由な表現力など、リズム感があると次のレッスンにステップアップしやすくなります。

ただ練習するだけでなく、自分の得意なところを見つけて、伸ばしていきましょう。不得意なところを見つけたら、どのようにしたらよいか、改善点を調べながらリズム感を鍛えるレッスンを行いましょう。

リズムを育むことで、音楽がより深く味わえるようになり、演奏やダンスでの表現力も増します。

JILL
JILL

ダンスも演奏もリズム感を鍛えることはとても重要です!本気でリズム感を鍛えたいなら、プロのレッスンを受けるのが一番の近道です。実際にある音楽教室を丁寧に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

≫音楽教室でレッスンを受けたい人は、口コミや評判をチェック!

タイトルとURLをコピーしました