音感を鍛えるトレーニング法は?子供から大人、初心者から上級者まで | 全力音楽 -Full power music-
PR

音感を鍛えるトレーニング法は?子供から大人、初心者から上級者まで

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

この記事では、音感を鍛えるトレーニング方法について、子供から大人、初心者から上級者など段階別にまとめています。

ふるわん。
ふるわん。

音感がないのは生まれつきの遺伝なのか、音感がある人の特徴から音感の身に付け方を見ていきます♪

音感とは何か

音楽が人間の心や感情に直接触れ、人間生活に彩をもたらします。そして、その音楽に感じ取る能力が、我々が「音感」と呼ぶものです。音感とは、音楽や音の高さなどを聞き分け, 感じ取る能力のことを指します。

音を感じるこの能力は、音楽を理解し、楽しむための重要な要素であり、また人間が持つ感性そのものであるとも言えるでしょう。

音感の定義

音楽に関する文脈においての音感とは、具体的には音の高さや長さ、音色、強弱、音の進行や構造を理解し、認識する能力を指します。また、その音を再現したり、独自の音を創出したりする能力も含まれます。

つまり、音感とは音を「聞く」だけでなく、「感じる」、「作る」、「再現する」までを可能にする能力と言えます。音感の有無は、楽器演奏や歌唱、そして作曲やアレンジなどの音楽活動に直結する要素でもあります。

ふわわん。
ふわわん。

音感が良いと感性豊かな音楽が生まれ、表現力が増し、聴く人に与える感動も深まるね。

音感が音楽に与える影響

音感が音楽に与える影響は大きいです。

音感の高い
  • 音楽を深く理解し、より豊かに感じられる
  • 音楽の演奏や創作において、音楽に対する理解が深まる
  • より自由な発想で音楽を作ることができる
音感が低い
  • どのような音楽だとしてもその本質を理解するのが難しい
  • 音楽から感じることができる情緒や魅力を逃すことになる
ろまわん。
ろまわん。

音楽をより深く理解し、楽しむためには、音感を磨くことが大切です。

日常生活での音感の役割

音楽だけでなく、日常生活でも音感は重要な役割を果たしています。

音感が良いと…
  • 雨音や風の音、鳥の声など、自然の音を楽しむことができる
  • 子どもの泣き声や笑い声、友人の話し声なども、より深い意味を理解することができる
  • 音の細かい違いを捉え、相手の気持ちを理解したり、センスを発揮したりすることができる
ふわわん。
ふわわん。

音感を磨くことで日常生活がより豊かで満ち足りたものになります。音に敏感になることで、コミュニケーションも円滑に進み、人間関係が良好になります♪

なぜ音感を鍛えるべきか

音楽は私たちの日常生活に深く根ざし、多くの人々の心の滋養になっています。誰もが一度はメロディーに合わせて口ずさんだことでしょう。しかし、その中で“音感”という言葉を耳にすることがあります。それは音楽の基本で、歌や演奏の上達には欠かせません。

この音感、果たして一部の人々、特に音楽家だけのためのものでしょうか。決してそうではありません。音感を鍛えることは、音楽だけでなく、日常生活でも大きなメリットをもたらします。その理由を見ていきましょう。

音感を鍛えるメリット

音感を鍛えることのメリットは非常に多岐にわたります。

  1. 音楽面
    音楽をより深く理解し、感受性が豊かになる。
    楽曲に込められた感情を直接感じ、より鮮明に感じ取ることができる。
    メロディーや調和に対する理解も深まり、音楽の楽しさがより広がる。
  2. 学習面
    音感とは、音の高さや長さ、強さなどを認識する能力のこと。これは言葉のアクセントやイントネーションを理解するのに必要とするスキルのため、新しい言語を習得する際に役立てることができる。

音感がないとどうなるか

音感がない(未熟だ)と、音楽の楽しさを十分に味わうことができません。楽器を演奏する際には、音の高さや長さ、強弱を正確に表現する能力が求められますが、音感が不足していると、そういった要素を適切に捉え、表現することが難しくなります。

また、歌唱においても音感の欠如は大きな問題となります。音程を掴むことができず、外れた歌声を出してしまうこともあるでしょう。すると、周囲には不快な印象を与え、自己表現の一環であるはずの歌唱が逆にストレスになってしまうこともあるのです。

音感トレーニングの必要性

音楽を楽しむため、そして自己表現の一環として歌や演奏をするためにも、音感を鍛えることは重要です。

主な音感トレーニング法
  • 聴音訓練をする
  • 楽器を習う
  • 歌を歌う
えれわん。
えれわん。

日々の生活の中で意識的に音に触れる機会を増やすことが近道の一つです。

また、先に述べたように“音感を鍛えることは語学学習にも直結”します。新たな言語を習得するうえでの障壁の一つである、発音やイントネーションも、音感が鍛えられていれば、より適切に学ぶことができます。そのため、日常生活の中でのコミュニケーション力向上にも役立ちます。

ふわわん。
ふわわん。

音感研さんについて認識を深めつつ、日々の生活を豊かにしましょう。

音感鍛錬を始める前の準備

音楽を奏でるための大切な要素の一つが音感です。これはメロディを聴いてそれを正確に再現できる能力を指します。しかし、優れた音感を生まれながら持つ人は少なく、大多数の人々は訓練によって身につける必要があります。

ここからは、音感を鍛える上での必要な準備について紹介します。特に、必要なものやアプリ、自分の音感レベルを確認する方法、そして練習の時間と頻度について説明します。

必要なもの・アプリの紹介

音感を鍛錬するものとして、基本的なものはピアノやキーボードなどの楽器です。しかし、楽器がないという方でも大丈夫です。現在、スマホアプリにおいても多くの音感訓練ツールが提供されています。

特におすすめなのが「音程チェッカー」や「ずっしーの音感トレーニング」です。それぞれ、音階や和音など基本的な音楽理論から、リズムや音程の聴覚訓練まで幅広い内容が網羅されています。

ふるわん。
ふるわん。

難易度の低いコースから練習できるため、初心者から上級者まで効率良く訓練することが可能です。

自分の音感レベルの確認方法

音感のレベルを確認する基本的な方法は、調(スケール)や和音(Chord)を聞いて正確に再現できるかを確認する方法です。アプリを使用して音階や和音の聴き分け練習をし、自己評価を行うのも良いでしょう。

Chiba Tatsuya

また、YouTubeには音感テストの動画も多く“絶対音感、相対音感”のテストもあります。

音感は、音の違いの認識の仕方によって「絶対音感」と「相対音感」という2つに分けられます。 絶対音感とは、ある音を聞いたとき、その音の絶対的な高さを認識できる能力です。絶対音感があれば、ある音を聞いてそのドレミを言い当てることができます。たとえば、絶対音感があれば、ピアノの鍵盤を見ずに音だけを聞いて、ドレミファソラシドのどの音かがわかります。

「相対音感」とは、1つの音と別の音がどれくらい離れているかを認識できる能力です。相対音感では、音程の認識のために、基準となる音が必要になります。たとえば、「ド」の音を聞いた後で、どれが「ソ」の音になるのかがわかるのが相対音感になります。つまり、相対音感とは、基準となる音と比較することで音の高さを判断できる能力ということになります。

引用元:スガナミ楽器

鍛錬に必要な時間と頻度

これは一概に答えるのが難しいですが、一般的には毎日少しずつ練習することが良いとされています。特に初心者のうちは短時間でも毎日行うことで脳が音楽への感度を磨く機会を得ます。

ふわわん。
ふわわん。

1日15分から30分の練習を週5日以上行うなど、毎日コツコツ練習するのがおすすめです。

ただ、音感訓練は必要以上に無理をしないことが重要です。焦りすぎて過度な訓練を行っても逆効果になることもあります。あくまで自分のペースで、楽しみながら取り組みましょう。

初心者向け音感トレーニング

音楽は誰もが楽しむことのできる普遍的なものですが、特に音感を磨くことで、その魅力をさらに深く味わうことができます。

音感とは音楽の高さや長さ、ビートやリズムを感じ取る能力のことで、初心者にとってはなかなか難しい部分かも知れません。しかし、継続的なトレーニングと適切な練習法を実践することにより、意外と早く向上するものです。

ここからは、基本的なリズムの練習法、旋律の聴き取り練習法、単音・和音の区別練習法などを詳しく解説していきます。まずは、少しずつでもいいので自分が音楽に触れる時間を増やしてみましょう。

基本のリズム

リズム感は、音楽の基盤となる非常に重要な要素です。初心者でも効果的にリズム感を鍛えるためには、まずは定期的にリズムを刻む練習から始めてみましょう。

楽器を持っていなくても大丈夫です、自分の手を使ってテーブルにリズムを刻んだり、足踏みをしてみることから始めましょう。

川口裕紀子

さらに、楽曲を聴きながらリズムを追って「タタキ」を行ったり、「拍子」を刻むトレーニングもとても有効です。この際、様々なジャンル、様々なテンポの曲を聴くことで、さまざまなリズムパターンに慣れ、リズム感を高めることができます。

詳しくは ≫リズム感を鍛える方法について

旋律を聴き取る

次に、音楽の「旋律」を正確に聴き取るスキルを磨きます。これは、特定の曲を聴いてそのメロディを耳で覚え、口ずさんだり楽器で演奏したりすることにより、身体全体で音楽を感じ取る力を鍛えることができる練習法です。

ピアノレッスン しんご /Shingo Segawa

また、さまざまな音程を意識しながら耳コピを行うことも、旋律を正確に捉える力を高めます。特にソルフェージュの練習は、音程の認識能力を向上させる助けになります。全ての音符が一定のリズムと高さで与えられるようになれば、それがあなたの音楽センスを磨いていきます。

単音・和音を区別する

最後に、音楽を聴く際に重要となる「単音」と「和音」の違いを聴き分ける能力を磨きます。

単語チェック
単音…一つの音が鳴ること
和音…二つ以上の異なる音が同時に鳴ることを指します。

まずは、それぞれの音が鳴る楽曲を聴き、どちらの音が鳴っているのかを意識して聴くことから始めてみましょう。

また、楽器がある場合は、自分で単音と和音を弾くことでその違いを理解することも有効です。

えれわん。
えれわん。

下記の動画では、単音からどのようにハーモニーを付けていくと良いのか基本的な考え方が分かりやすく説明されています。

Sing Pianoman

これらの練習は初めは難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると自然と聴き分けることが可能になります。

以上の練習法を続けることで、音感は確実に伸びていきます。音感が身につくと、音楽を聞くだけでなく演奏する楽しさも倍増するでしょう。是非、これらの練習法を試してみてください。

詳しくは ≫和音とは何かを簡単にに解説!

中級者向け音感トレーニング

音楽の中核を成す「音感」を磨くには、日頃からの絶え間ない訓練が欠かせません。レベルが上がるにつれて、より一層その鍛錬の難易度は高まります。しかし、トレーニングを継続することで、確実に力は付くはずです。音感鍛錬は音楽に対する理解を深め、演奏力向上に大いに寄与します。

今回は、中級者向けとして、聴き分けの力を鍛えるコードを聴き分けるトレーニング、リズム感を確認するリズムパターンのトレーニング、そして記憶力を強化する旋律を記憶するトレーニングについて詳しく解説します。

コードを聴き分ける

コード聴き分けるトレーニングは、より音楽を深く理解し、自然に耳で聞き取る力を鍛える重要な練習法です。この練習を始めるに当たり、まずは基本的なコードの構成を理解することから始めましょう。

ふわわん。
ふわわん。

まずは、主要なコードの鳴らす音色を把握し、それぞれの特徴を確認します。

hiroe music room

続いて肝心の聴き分けの練習ですが、この際にはピアノやギターといった楽器を利用して行うと効果的です。

ふるわん。
ふるわん。

一つのコードを弾き、その音を聞きながら、自分自身で同じコードを弾いてみましょう。時間をかけてじっくりと行うことで、耳が自然にその音を覚えていきます。

リズムパターン

リズムパターンの確認練習法は、音楽における時間感覚、つまりリズム感を鍛えます。リズム体操やメトロノームを用いたリズム練習、楽曲を聞きながらのクラップなど、リズムを実際に体で感じる練習が効果的です。

チャボ / ドラムハイスクール

まずは、基本的な4ビートや8ビートをつかむことから始めましょう。自身でメトロノームを刻みながら、それに合わせたクラップを行うことでリズム感を体得します。次第にリズムパターンを複雑にしていくことで、より高度なリズム感を鍛えることができます。

旋律を記憶する

旋律を記憶するトレーニングは、旋律を耳で聞き、正確に再現できる能力を鍛える練習法です。楽曲の旋律ラインを何度も聞き、それを声で再現したり、楽器で演奏したりする練習を行います。

誰でも耳コピができる方法、教えます。【ゆゆうた】[2020/4/27]>切り抜き

まずは短いフレーズから始め、少しずつ記憶の範囲を広げることが重要です。また、どこが高く、どこが低いか、どの程度の音階で移動しているかなど、旋律の特徴を頭に入れることも重要なポイントです。

えれわん。
えれわん。

たくさんの旋律を聞き、演奏することで、より豊かな音楽表現が可能となります。

上級者向け音感トレーニング

音楽の世界では、深みを増すために音感を磨くことは欠かせません。より上達したいという方のために、上級者向けの音感トレーニングについてまとめてみました。

ここでは、複雑な和音の聴き取り、演奏・歌唱におけるフレージング、そして複雑な曲構造の理解といったトップレベルへの道のりを歩むための練習方法を解説します。

単語チェック
フレージングとは…
旋律を音楽間の自然なまとまり(フレーズ)に句切ること

ふわわん。
ふわわん。

音楽への深い理解を促し、その結果、あなたのパフォーマンスを新しいレベルへと高めることが期待できます。

複雑な和音を聴き取る

和音の聴き取り能力は、色彩豊かな音楽の世界を理解するための重要な要素です。しかし、多くの音楽愛好家が、複雑な和音の識別につまづくことがよくあります。つまづかないためにはまず、基本的な聴力訓練から始めることが重要です。

ろまわん。
ろまわん。

具体的には、中級者向けトレーニングで前述した“ピアノなどの楽器で単一の音を出し、それを正確に聴き取る練習”から始めてください。次に、2つの音を同時に鳴らし、その和音の種類を聴き分ける練習をしましょう。

そして、より複雑な和音に進みます。3つ、4つの音を鳴らして、それらの和音を正確に識別する練習が必要となります。これが難易度が高まるところですが、反復練習によってスキルを習得していきます。

音楽生活シバっさんの部屋

また、コード進行を把握することも有効です。自分で演奏しながら各和音がどのように進行するかを理解することが、和音の識別能力を向上させるでしょう。

フレージング

演奏や歌唱において、いかに繊細で精密なフレージングを行うかは十分に評価されます。フレージングは、メロディの個々の音符をつなぎ合わせ、真の音楽的表現を創り出すための技法です。このため、自分自身の解釈を音楽に反映させることが可能になります。

ピアニスト伊藤憲孝(Pianist-Noritaka Ito)

フレージングの練習法には、まず、音楽の語句を一つずつ入念に練習する方法があります。それぞれのフレーズの目的と役割を理解し、感情を優しく表現しながら演奏あるいは歌うことです。

また、録音を繰り返し聴くことで、そのフレージングがどのように影響を与えるかを把握するとともに、自分自身のフレージングの改善点を見つけることが可能となります。

ふわわん。
ふわわん。

下記の動画では冒頭部分があいさつになっているので、解説が早く見たい方は開始3分くらいから見るといいですよ◎

Shihori

それから、音楽的なイメージや感情を語る言葉を具体的にイメージしながら演奏する、という方法も効果的です。具体的なイメージがあると、自然とフレージングが改善され、より鮮明な音楽表現が可能になります。

曲の構造を理解する

さて、上級者たるもの、単に音符を追うだけではなく、曲全体の構造を理解し、全体像を捉えることが重要だと言えます。そのため、多種多様な曲を聴き、その構造を把握することが必要です。これには、一曲全体を通して聴くとともに、各部分を分けて練習することも効果的です。

楽譜を手に取ったら…
  1. 全体の構造、繰り返し部分、異なる部分を把握する
  2. その曲を実際に聴いてみて、楽譜で見た構造が音でどのように表現されているかを理解する
  3. 各部分を繰り返し聴き、特定の部分の構造やメロディがどのように変化するかを探っていく

また、それぞれの曲が持つ固有の構成要素や表現方法を学び、自分の音楽的理解を深めるためには、異なるジャンルや時代の曲を多く聴くこともおすすめです。

ふるわん。
ふるわん。

これらの方法を通じて、本当の音楽の世界を理解し、あなたの演奏・歌唱をさらに高めることができます◎

ここまで、初心者向けから段階的に音感トレーニングについて解説してきましたが、自分では難しい・・・という方は、プロに教えてもらうことも視野に入れましょう。

ふわわん。
ふわわん。

どんな音楽教室がいいの?口コミや評判なんかが気になるし、何だか不安・・・という方は、実際の音楽教室について丁寧に解説した記事を参照ください。

≫【随時更新中!】実際にある音楽教室を見てみる

音感を鍛えるためのアドバイス

音感を鍛えることは、音楽の表現力を高めるために必要な要素です。ただし、音感を鍛えるためには適切な方法を知り、継続的に取り組むことが重要です。

えれわん。
えれわん。

多くの方が抱いている音感鍛錬に関した誤解を正しく理解し、その対応策を身につけることも大切です。

ここからは、実際のトレーニング方法や継続的な鍛錬の重要性、そして音感鍛錬に関する誤解とその対応策について見ていきましょう。

実践的なトレーニング方法

音感を鍛える実践的なトレーニング方法の一つに、先にもあげた楽曲の旋律や和音を耳コピする方法があります。これには、一つの音を正確に聞き取る力、そしてその音がどのように連なって旋律を作り上げてるのかを識別する能力が求められます。

CANACANA family

最初は難易度の低い曲から始め、徐々に複雑な曲に挑戦することで、耳の精度を高めていきます。また、音楽理論を学びながら実際にピアノなどの楽器を触ることも効果的でしょう。和音の構成や旋法を理解することで、音に対する理解が深まり、音感が鍛えられます。

継続的な鍛錬の重要性

音感の鍛錬は一朝一夕に身につくものではありません。定期的かつ継続的に練習を重ねることで、初めて育つ力です。毎日短時間でも取り組むことで、音に対する感覚が養われ、より精度の高い音感が培われます。

広瀬 香美 Official YouTube channel

トレーニング方法を一つに絞らず、様々なパターンで練習を行うことで、幅広い音感を身につけることが可能になります。例えば、リズム感を鍛えるためのリズムトレーニングや、音程を判別するためのピッチトレーニングなど、目的別にトレーニング内容を調整すると良いでしょう。

音感鍛錬に関する誤解と対策

音感鍛錬に関する一般的な誤解の一つは、「音感は生まれつきのもので、トレーニングでは向上しない」というものです。しかし、これは誤った認識であり、日々の訓練を通じて確かな向上が見られます。そのため、音感が無いと感じている人も諦めずに、続けて訓練を行っていくことが大切です。

関連記事≫音楽の才能と遺伝の関係は?音楽能力とは何かを調査!

また、音感鍛錬は楽器の練習と同時に行うことが一般的ですが、楽器がない場所でも練習できます。たとえば、聞いた楽曲を音で再現する「口ずさみ」も効果的なトレーニングのひとつです。これらのことを理解し、誤解を解消することで、より良い音感鍛錬を実践していきましょう。

音感トレーニングを続けて感じた変化

私が音感トレーニングを続けて感じた変化は大きいものです。これまでに経験したことのない視点や感覚が開かれ、自分自身の世界が広がったと感じています。

それは、毎日の生活の中で音楽に触れる機会が増え、様々な音の持つ意味を理解できるようになったからです。それにより、音楽だけでなく日常生活におけるコミュニケーションにも良い影響を及ぼしました。

実際の体験談

私の音感鍛錬の始まりは、より深く音楽を理解したいというよりも、親に強制的に通わされたピアノ教室からでした。

ふわわん。
ふわわん。

親に毎日の練習を強制されたことで、初めの頃は音階を細かく聴き分ける技術がなく、ただ音楽を聴いているだけでしたが、数ヶ月続けるうちに、音楽の中に含まれる色々な音を聞き分け、そのハーモニーを感じ取ることができるようになりました。

さらに練習を重ねることで、音色やリズムも敏感に感じ取れるようになり、楽譜を読むのはにがてでしたが曲を聴くことでその曲を弾くことができるようになり、音楽への理解が深まっていきました。

音楽への理解度の深まり

音感が鍛えられると、音楽をただ楽しむだけでなく、創造的な面からも理解できるようになります。

音色やリズム、ハーモニーといった要素が一つの楽曲を作り上げていることに気付き、一つ一つの音がどのように重なり合い、全体としてどのような美しさを成し得ているのかを理解できるようになります。

そういった知識や技術があれば、それぞれの音の上手な組み合わせや、バランスの良い配置が理解でき、さらに音楽の楽しみが増えていきます。

ろまわん。
ろまわん。

私が通ったピアノ教室では、自分で譜面を書いたり先生の引いた曲を譜面に起こしたりする練習もしていましたが、それも全て音感を鍛えるのに役立っていました◎

日常生活での音感の活用例

音感を鍛える事は日常生活においても大いに役立ちます。例えば、自動車のエンジン音から異常を察知したり、鳥の鳴き声の違いから季節の移ろいを感じ取ったりすることができます。

また、他者が話す声色や話し方から、その人の感情や意図をより深く理解することも音感が鍛えられれば可能になります。このように、音感を鍛えることは、音楽だけでなく、日常生活においても非常に重要な能力となります。

タイトルとURLをコピーしました