歌声を変えるには?男女別の声質を変える方法とテクニックまとめ! | 全力音楽 -Full power music-
PR

歌声を変えるには?男女別の声質を変える方法とテクニックまとめ!

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

この記事では男女別の声質を変える方法とテクニックをまとめたものを紹介します。

突然ですが皆さん、自分の歌声に満足していますか?自分の歌声に満足している!と自信を持って答えれる方は意外にも少ないかもしれません。

そこで今回は歌声を変えるにはどうしたらいいか、男女別の声質を変える方法とテクニックを紹介します。

歌声を変えるための基本的な知識

それぞれ一人一人の個性を表わす重要なツールの一つとして音楽や歌声があります。そしてその歌声をブラッシュアップするためには声の基本的な知識が必要となります。

まず必要な音楽と声の関連性、男女の声帯の違い、そして自分の声を知るために必要な要素について詳しく説明します。これらの知識を理解し、歌うことの楽しさを深く追求していきましょう!

音楽と声の関連性について理解する

最初に音楽と声の関連性についてです。歌はただ単純に歌詞を歌うだけでなく、テンポ、リズム、メロディ、レゾナンスを組み合わせて初めて歌となります。ではそれぞれの役割について説明します。

  • テンポ
    楽曲や音楽の速さを決める。
  • リズム
    音や休符の長さを組み合わせたパターンを決める。
  • メロディ
    いろいろな楽器の音を連続して鳴らす。
  • レゾナンス
    その人の独特の声を強調させ、個性を表す。

これらすべてが合わさって初めてひとつの楽曲が完成します。そしてテンポの速さがリズムの違いで歌声の質感や音色、感情表現に影響を与えます!

男女の声帯の違い理解する

男性と女性の声帯は大きさと機能に差があります。それは声帯の長さです。

男性の声帯は声変わりにより長くなり、女性は声変わりがないため長さが変わりません。そのため男性より女性のほうが声帯が短くなります。そのため女性の声はより高く、明るい音色が特徴となります。

SHIORI
SHIORI

男女の違いを理解することで自分が納得する声域や歌い方を見つけることができます。また男女のデュエットなどでも相手の声域と自分の声域との違いを把握できることでよりレベルの高い歌を歌うことができます!

自分の声を知るために必要な要素

自分の声を知るためには、自分自身の声を録音し、その再生を通じて自己分析することが効果的です。自分の声がどのように聞こえているか、そしてどのように感じているかを理解することで歌声を改良するための新たな視点を得られるでしょう。

自分の声を録音できるアプリ
  • PCM録音 
    シンプルな操作方法で声を高音質で録音できます。カラオケ機能はありませんが、まず自分の声がどんな風か知るのにおススメです。
  • ボーカル音程モニター
    自分の歌声の音程をすぐに表示してくれます。視覚的に音程が見れるため、どのように自分が歌っているかわかります。

自分の歌声を理解してきたらさらに細かく分析しましょう!音程や音色、発声の仕方、感情表現などがそれくらい自分の歌声にあるか確認しましょう。これらの要素を理解し、自分の弱い部分やもっと強調したい部分を練習すれば自分だけの特徴的な歌声を見つけ出すことができます♪

歌唱技術を向上させるためのトレーニング

まず大切なのは歌唱技術は生まれつきのものではありません。これは喉や生体筋組織のコントロール能力と音楽的感性にかかるものです。

MAKOTO
MAKOTO

どの程度までできるかは個々の努力次第ではありますが、基本中の基本となるトレーニング法を続けてやればに歌唱力はレベルアップします!さっそく基本的なトレーニング方法を紹介します。

基本的な歌唱のトレーニング法

プロの歌手にもなっても歌唱トレーニングが不要ということはまったくありません!基本となるのは、呼吸法と発声法です。呼吸法は、正しい呼吸の取り方を意識することで息吹きが保てるので、長い歌を続けて歌うことが可能です。

≫必要なところを完全解説!ボイトレの練習に最適な動画教材はこちら

MAKOTO
MAKOTO

また発声法は声帯のトレーニングであり、声帯を傷つけないように正しく声を出す方法を覚えることが求められます。これらのトレーニングを日々行うことで、だんだんと歌唱力がアップしていきます。

呼吸法の大切さや練習方法

効果的なボイスストレーニングの手順

ボイストレーニングの効果を最大限に引き出すためには毎日継続することが重要ですが、具体的な手順を知ることも非常に有益です。まず歌う前に声のストレッチが必要です!

ココウィズちゃんねる

こちらの動画では簡単に声が出やすくなる声のストレッチ方法を紹介しています!短い時間でできため試す価値は十分あります!

ストレッチが終わったら基本的な音階練習を行い、音程感を鍛えます。その後実際に歌う際の発声法を復習し、声の出し方に気をつけることで喉への負担を減らします。自己満足で終わるのではなく、何ができれば良いのか・どうすれば改善するのか、自己モニタリングをしっかり行うことも必要でしょう

SHIORI
SHIORI

この時に先ほど紹介したアプリを使ってみるといいですね♪継続して自分の声を聞けば変化していく自分の声が分かります。

声の張り上げ方と下げ方

歌声は、声質だけでなくテクニックによっても大きく変わります。歌声の高低は、それぞれの歌に特色を与える大事な要素です。

  • 胸声(チェストボイス)
    声帯の全体を震わせ、深い低音を出します。
  • 頭声(ヘッドボイス)
    声帯の一部を震わせ軽く高い音を出します。

言葉では簡単に言えますが、実はこれらの声を制御するのは難しいことです。より高音を出すには、自然に胸から声を出すのではなく頭から声を出すイメージを持つことです。呼吸も大切で、腹式呼吸を意識して深く吸い込みながら、息を出すタイミングで声を出しましょう。

一方低音を出すためには胸から声を出すイメージを持ち、呼吸も胸式呼吸を使います。声帯をゆったりと使い、低い音を出しながら吐き出すイメージが大切です。

あなたの歌声の個性を出す方法

まず感情を込めて歌うことです。歌は感情を伝える手段であり、自分の思いを込めて歌うことで、リスナーに対して強く印象を与えることができます。感情を込めるためには、歌詞の中に自分自身を投影し、その場の空気や状況を想像しながら歌います

次に一定のリズムやメロディーを繰り返すのではなく、変化をつける事も大切です。例えば同じフレーズでも、強弱やタイミングを変えてみると全く違った印象になります。

MAKOTO
MAKOTO

上記のことを意識しながら歌えば個性は出てきます。また自分の声質を自分で理解することが必要ですが、第三者である家族や友人、あるいは音楽の先生に評価してもらうこともひとつの手です。

SHIORI
SHIORI

確かに何でもプロに教わるのが近道だよね!今は音楽教室も色々あるし、自分にあった先生が見つかると歌の練習も楽しくなるね!

MAKOTO
MAKOTO

ボイトレスクールが気になる方のために、実際にあるスクールの口コミや評判を丁寧に調べて紹介しているよ。気になるスクールがあるなら、まずは体験レッスンを受けてみるのがおすすめです。

≫実際にあるボイトレスクールの口コミや評判を見てみる

自然な発声方法を身につける

自然な発声は無理なく声を出し、長時間歌うためには不可欠です。まずは適切な姿勢から始めましょう。背筋を伸ばし、肩の力を抜き、リラックスした状態で立つことが大切です。次に、腹式呼吸をマスターします。息を吸うときは、腹部が膨らむように深呼吸し、息を吐く時には腹部が凹むように力を抜きます

そして音程やリズム感を身につけるためには、基本的な音楽理論を学ぶことが重要です。音楽理論を身につけることで、正しい音階やリズムを理解し、それを使って自然に歌うことができるようになります。

≫リズム感を鍛える方法について

SHIORI
SHIORI

音楽理論と言われたら難しいことかも・・と不安になりますよね。まずは例えばドレミなど「音の名前」から学んでいきましょう♪

また歌声を美しく響かせるためには、喉の緊張をとることが大切です。喉をリラックスさせ、自然体で声を出すことが求められます。これらのことを心がけることで、もっと自然で美しい歌声を身につけることができるでしょう。

基本から喉のケアなどの細かいところまで、プロの知識を凝縮した動画教材で繰り返し練習するのもおすすめです◎

≫必要なレッスンをコスパ良く取り入れる!動画教材はこちら

男性が歌声を変えるための方法

男性にとって歌声を変えるための方法は多種多様です。大切なことは自分の歌唱力や持ち声を深く理解し、それを最大限に生かすような練習法を選ぶことが大切です。

トレーニング方法には、イメージトレーニングや実際の音痴を改善するためのメソッド、継続的なボイストレーニングなどがあります。自分自身の声の質や特性を理解し、それを生かすことで男性の声質を良くすることが可能になります。

男性特有の声質を生かした歌唱法 

男性の声質は、深みと重みが特徴的です。その男性特有の質感を生かすためには、その深みと重みをコントロールする歌唱法が求められます。

深いトーンを出せる低音域を上手に使うことが大切です。低音域での安定した発声は、男性特有の豊かさと力強さを引き立てます。低音が安定したら、高音域へスムーズに移行できるようにする練習もしましょう。これはリズムやメロディーが複雑な歌でも、落ち着いた発声で歌い続けられるようにするためです。

しらスタ【歌唱力向上委員会】

こちらの動画では低音でも響く低音の出し方を紹介しています。そこまで難しくなく、チャレンジしやすい内容となっています♪

声変わり後の声で歌うためのテクニック

思春期を過ぎて声変わりを経験した男性にとって、新たな声質での歌唱は一筋縄ではいきません。特に高音域では声が裏返ってしまうこともありますが、心配することはありません。

MAKOTO
MAKOTO

声が出ないからと無理に高い声を出そうとすると声帯に過度な負荷がかかり、よくありません。自分の声は一歩大人に近づいたことを受け入れ、違うトレーニング方法を試すのも大切です。

Ikki Hatanaka

こちらは声変わり中の中高生向けではありますが、フィジカルの面だけではなくメンタルの部分のお話もしてくれます!

男性が目指すべき理想的な歌声とは

男性が目指すべき理想の歌声とは、自分自身の特性を生かした、再現性と独自性を兼ね備えたものでしょう。

  • 再現性
    何度でも同じように歌い出せる能力を指します。これは安定した発声や音程、リズム感などに関連しています。
  • 独自性
    他の誰かとは異なる自分だけの声の色を持つことです。それは個々の声質や表現力、感情の出し方で決まるものです

自分自身の特性を理解し、それに基づいた練習を重ねることで、理想の歌声を手に入れることが可能になります。

女性が歌声を変えるための方法

女性の歌声は声変わりがない分、訓練によって大きく変えることができます。音域を広げたり、声質を変化させたりする方法を身につけることで、さまざまなジャンルや楽曲に対応可能な歌声を手に入れることができます

歌唱法を学ぶことで自分の声を最大限に活かし、自己表現の幅を広げていきましょう。以下部分では、女性特有の声質を活かした歌唱法、高音を出すためのテクニック、女性が目指すべき理想的な歌について詳しく説明していきます。

女性特有の声質を活かした歌唱法 

女性には出せる音を大まかに二つに分けることができます。

  • ソプラノ
    高音域の歌声であり、透明感あふれる音色を活かし、感情的な表現ができます。
  • アルト
    低音域の歌声であり、豊かさや力強さを強調することで、独特の世界観を作り出すことができます。

どちらの声質でも、呼吸法や発声法を工夫することでより豊かな表現を追求することが可能です。自分の声質に合った歌唱法を模索し、自己表現の幅を広げていきましょう。

高音を出すためのテクニック

女性の歌声の美しさを引き立てるためには、高音のクリアさとその伸びやかさが重要です。高音を出すためには、まずは適切な呼吸法が必要になります。

まずは腹式呼吸をマスターしましょう!複式呼吸ができるようになったら喉を開き、舌を広げて声の通路を確保することも大切です。

≫腹式呼吸の大切さややり方、口腔内の動き

SHIORI
SHIORI

とても大切なことは無理に高い音を出さないことです!必要以上に力を入れると声帯に負担をかけ、思わぬトラブルの原因となることもあります。無理のない範囲で続けましょう。

女性が目指すべき理想的な歌声とは

どんな歌声が理想的かというと、それは個々の価値観や感じ方によるところが大きいでしょう。しかし、技術的な観点から見れば、ある一定の音域を自在に操り、表現の幅が広いことが重要視されます。

また、音色が清潔で、音域全体で均一な声を保つことも大切です。どんな楽曲も自分のものにすることができ、リスナーに感動を与えられる歌声を目指してください。それを達成すべく、日々の基礎練習声楽のレッスンに力を注ぎ続け、自分だけの美しい歌声を目指していきましょう。

≫女性におすすめのボイトレ曲はこちら!

あなたの歌声を変えるためのアプリとツール

あなたの歌声を変化させるためのアプリとツールについてご紹介します。歌声を良くするために必要なことは、正しい発声の練習と音程に敏感になることです。

それを現代のテクノロジーを用いて手軽に実践できることが可能になりました。ここでは歌声に関して役立つ様々なアプリやツールを紹介していきます。

歌声を変えるための推奨されるアプリ

歌声を変えるためには、まず自分の発音を聞くことが重要です。それには録音アプリがとても役立ちます。先ほど紹介した「PCM」というアプリはシンプルな操作で録音することができます。それを何度も聞き直して、自分の歌声の改良点を探ることが可能です。

ここからは歌声を変えるための推奨アプリを紹介します。

歌声を変えるための推奨アプリ
  • Yousician
    一から歌について学ぶことができ、プロの音楽教師やスキルの高いボーカリストが作成したレッスンプランがあります。それで自分の声で不満な部分を解消することができます。
  • 音楽編集アプリ
    その名の通り歌った楽曲を編集できるアプリです。音域やエフェクトなどを編集し、また違う歌声を作り上げることができます。

ボーカルトレーニングに役立つツール

ボーカルトレーニングをする上で、音痴を矯正するためのアプリやツールも役立ちます。

音痴を矯正するアプリ
  • ずっしーの音感トレーニング
    こちらはゲーム方式で流れてくる音がなんの音か当てるだけでとても簡単です。そしてレベルが上がるごとに難易度もあがるため自然と音感がつく優れものです♪
  • ボイストレーニング – 歌うことを学ぶ
    英語表記ですがYOUTUBEで解説動画があります。ゲーム方式の音程トレーニングや自分の歌声の正しい音程をキーボードで表してくれます。

プロが教える歌声改善の秘密

数多くのプロの歌手や指導者がプロデュースした効果的なトレーニング方法が世の中には存在します!そしてそのトレーニング方法で歌声を改善させることができます!

MAKOTO
MAKOTO

実はボーカルトレーニングはただ声を出すだけでなく、健康的な体づくりと息使い、表情から立ち居振る舞いまで総合的に学ぶものであるのです。そしてその中核をなすのが、ここで紹介する歌声改善の秘密です。

プロの歌手が実践している歌声改善

プロの歌手が実際に行っている歌声改善法を始める前に、まず最初に思い入れを持った歌詞を歌うことが大切です。そこから情緒を込めて歌うことで、歌声は大きく変わります。歌い方一つでも、全体の演出を大きく左右します

SHIORI
SHIORI

あなたの得意な曲は何ですか?そういった楽曲が一個つあると感情をを込めて歌いやすくなります!

次に、常に体調管理を怠らないことも大切です。風邪を引いてしまうと、声質は大きく変わります。健康的な生活スタイルを維持し、体調管理をしっかりと行う事で、最高のパフォーマンスを保つことが可能になります。

声楽講師が指導する歌声改善のポイント

声楽のプロである講師が指導するポイントに注意して身につけることで、歌声改善は劇的に進化します。まず呼吸法をマスターします。「丹田呼吸」と呼ばれる深い呼吸法を使うことで、より長いフレーズを安定して歌うことが可能となります。

丹田チャンネル

こちらの動画は歌としてではありませんが丹田呼吸のメリットとやり方を説明しています。ストレスや自律神経にも聞くこの方法は試す価値あります!

次に、喉を締めすぎないことも大切です。締めすぎてしまうと声がかすれてしまいます。リラックスして、自然体の状態で歌うことで、滑らかな歌声を出すことができます。

MAKOTO
MAKOTO

プロの歌手も毎日の練習を欠かしません。少しずつでも続けることが一番の近道であり、根気よく練習することで歌声は確実に改善します。

プロの歌声の秘密を知る

さきほども言いましたがプロの歌手も毎日練習しているため歌い手の個性と情熱、そして技術が向上しその結果聴く人の心を揺さぶるのです。

しらスタ【歌唱力向上委員会】

これはクリス・ハートさんの発声練習です。動画を見ると緻密に、そしてコツコツ練習しているのがとてもよくわかります。具体的に発声練習を説明しているためプロの発声練習ですがわかりやすいです!そしてこのコツコツ練習することこどがプロの歌声の秘密なのです!

SHIORI
SHIORI

コツコツと練習し、自分の歌声に自信を持つこと。そしてそれを磨き続けることで、あなたも一流の歌手に近づくことができることができます!

成功事例と声変えのエクササイズ

音楽は特に歌唱は表現力豊かな芸術です。自分の感情や感じたことを音符と歌詞で表現するこの芸術形式は、人々を鼓舞し、心を打つ力を持っています。

MAKOTO
MAKOTO

それは歌手たちがその芸術を最大限に活用し、音質や歌声を工夫することによって初めて可能になるのです。「声変えのエクササイズ」はその工夫の一部であり、これは有名人たちの成功事例にも見られます。

彼らは自分たちの声を制御し、あるいは変えることが出来たという事例を通して、我々に効果的なエクササイズやその重要性を教えてくれています。

歌声を変えた有名人の事例

世界中には、彼らの声を変えて成功を収めたアーティストがいます。

その中でも具体的な事例として、「アデル(Adele)」が挙げられます。彼女の初期の曲と最近の曲を聴き比べてみれば、その確実な変化を感じることが出来ます。アメリカで声帯の手術を受けて以来、声の明らかな変化がありました。自分の声を磨き上げるための訓練を続け今の歌声を手にしました。

Adele

こちらはデビュー当時のアデルです。

Adele

こちらは最新曲です。声のトーンなど明らかに変わっているのがわかります。

実践して効果があったエクササイズ

声を変えるエクササイズの中でも特に効果的なものに、「リップロールエクササイズ」があります。これは、口を閉じて唇を震わせながら音を出すエクサイズです。この方法は、声帯に適度な負荷をかけることで、歌声をより良く制御し、音域を広げることができます。

JOYミュージックスクール

また音程を正確に捉えるためのピッチ練習も有効です。これは音程を感じ取る能力を鍛えるだけでなく、自分の歌声を他の音と調和させる能力も向上させます。これらの練習方法を大切にし、継続して行うことが声を改善するための鍵だと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました