PR

脳トレにもなる楽器は?老化防止や脳にいい効果のある楽器ランキング!

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

音楽は心を癒すだけでなく、脳の健康にも良い影響を与えることが分かっています。特に、楽器演奏は脳に多くのメリットをもたらし、老化や認知症の予防にも効果的です。

この記事では、脳にいいとされる楽器をランキング形式で紹介し、その効果や老化防止につながる理由について詳しく解説していきます。

JILL
JILL

楽器は何歳からでも始められ、脳にいい効果もあります。社会人になってから、定年退職してから、子供が手を離れてからなど、大人になってスタートする方も多いですよ!

MAKOTO
MAKOTO

もちろん、子どもの内から楽器を始めるのもおすすめです。情操教育の一環として楽器を取り入れると、脳にいい影響があるのはもちろん、個性や想像力、自分を表現する力を育てるのに役立ちます。

この機会に、新たな趣味として楽器演奏を始めてみるのはいかがでしょうか。

脳科学者が楽器を脳トレにおすすめする理由

脳トレには様々な方法がありますが、脳科学者たちは楽器演奏を特におすすめしています。楽器演奏は脳の機能を全面的に鍛えることができるため、脳トレに最適な方法と言われています。

右脳と左脳の活性化

楽器演奏には、右脳と左脳の活性化が促されます。

楽器を演奏する際には、メロディやリズムの理解だけでなく、曲の構成やテンポ、音の高さなど、多くの要素を分析する必要があります。これには左脳が必要です。

一方、演奏そのものは右脳の担当です。そのため、楽器演奏は右脳と左脳の両方を同時に使うことになり、脳の自己能力が最大限に発揮されるのです。

右脳と左脳の役割
  1. 左脳:
    • 言語処理論理的思考に関連
    • 数学的スキル分析能力詳細な計画をサポート
    • 言語の理解読書書き込み数値の計算などに活用
    • 楽器演奏においては、楽譜の読解音楽理論の理解リズムの分析などに左脳が関与
  2. 右脳:
    • 空間認識感情音楽的直感に関連
    • クリエイティブな思考芸術的表現音楽の感覚をサポート
    • 楽器演奏そのもの音楽の表現即興演奏などに右脳が関与

≫脳のしくみ

したがって、楽器を演奏する際には、左脳と右脳の両方が重要です。左脳は楽曲の理解や分析に役立ち、右脳は音楽的な表現や感覚に貢献します。両方の脳の協力によって、優れた演奏が可能となります。

手指の鍛錬

楽器演奏によって手指の鍛錬も期待できます。楽器演奏では、細かい指の動きが必要とされます。指を素早く正確に動かすために、脳に刺激が伝わり血流が増加します。

JILL
JILL

手は感覚器官が豊かであり、脳の面積も広いとされています。このような手と脳の密接な関係によって、楽器演奏は脳を活性化させます。

集中力と記憶力の向上

楽器演奏は長時間の集中力を必要とします。楽譜を読みながら正確に音を出すためには、集中力が欠かせません。また、楽曲を覚えるためにも記憶力が必要です。

楽器演奏を通じて集中力と記憶力を鍛えることができるため、結果的に脳の機能低下を遅らせる効果が期待されます。

認知症予防効果

楽器演奏は認知症予防にも効果的です。楽器演奏はデュアルタスク(複数のことを同時に行うこと)を要します。

MAKOTO
MAKOTO

楽譜を読みながら指を動かし、自分の出す音を聴くなど、脳の多くの部分を同時に使うことで脳の活性化を促します。認知症の発症リスクを減らすことが期待されるわけですね!

精神の安定

楽器演奏は情緒性(穏やかで豊かな心)を鍛えるのにも役立ちます。

JILL
JILL

音楽は感情を表現する手段の一つ。中でも楽器を演奏することは

  • 自分の感情を表現する
  • リラックス効果が得られるため
  • ストレスを軽減し心を落ち着かせる ことができます。

以上の理由から、脳科学者たちは楽器演奏を脳トレにおすすめしています。楽器演奏は脳の機能を鍛えるだけでなく、認知症予防や精神を安定させる効果があります。

楽器演奏が脳に及ぼす効果とその研究

楽器演奏は、研究によって脳にさまざまな効果があることが証明されています。以下に、楽器演奏が脳に与える効果とその研究結果を紹介します。

脳の発達とネットワーク活性化

楽器演奏を習得した子供たちの脳は、音を処理する部分が発達していることが研究で明らかにされました。また、脳の白質と灰白質にも良い影響があり、脳内ネットワークの活性化に寄与していることがわかりました。

灰白質:神経細胞(ニューロン)の細胞体が存在している部位。
白質:神経細胞がなく、有髄神経線維ばかりの部位。(神経繊維とは、情報を伝えるための突起のことです)

引用元:スマート脳ドック

これにより、楽器演奏が脳の発達や機能向上につながることが示唆されています。

≫バーモント大学による楽器演奏と脳の発達の関係性の研究結果
≫カナダのMcGill大学による幼少期に楽器練習が脳に与える影響の研究結果
≫楽器の演奏と子どもの知能の関連について研究結果

音楽演奏と脳の活性化

楽器演奏では、細かな手の動きや同時に異なる動作を行う必要があります。そのため、運動を制御する脳の部位が活性化すると言われています。

MAKOTO
MAKOTO

特に、指の動きは脳を刺激し、血流量を増加させます。また、管楽器の演奏では息を吹き込んだり吸ったりすることで、肺活量を増やす効果もあります。

音楽演奏と認知能力

楽器を演奏する際には、楽譜を読んだり、複雑なリズムやメロディーを覚えたりする必要があります。このような活動は認知機能を刺激し、記憶力や情報処理能力の向上につながるとされています。

JILL
JILL

さらに、楽器演奏や楽譜の読解によって、空間認識能力や情報処理速度も向上することが研究で示されています。大人にこそ、楽器を演奏するのはおすすめです!

音楽演奏と認知症予防

最近の研究では、楽器演奏が認知症予防にも効果的である可能性が示されています。楽器演奏を続けることで脳が活性化され、老化を遅らせることができるとされています。

特に、音楽の演奏は脳の多くの部分をバランスよく活性化させるため、認知機能が高まると考えられています。また、楽譜の読解や楽器の習熟度も認知能力に良い影響を与えることが研究で示されています。

≫認知症予防の有効な知的機能刺激となるための 電子楽器演奏
≫楽器の練習で認知機能が向上したとされる京都大学の研究結果

MAKOTO
MAKOTO

楽器演奏は脳を活性化させ、認知能力の向上や認知症予防につなげることが期待されます。実際に、楽器演奏が介護現場で取り入れられたり、認知症予防の楽器が制作されたりもしています。

SBSnews6

認知症予防にも効果的な楽器演奏

楽器演奏は病気の予防にも影響します。特に挙げられるのが、これまでも紹介してきた認知症です。認知症の予防に指の運動が効果的というのは、すでに明らかになっています。

JILL
JILL

指を動かすピアノやギターなどは特に有効な手段と言えますね!

楽器演奏には、認知症予防にとって重要ないくつかの要素があります。以下に、楽器演奏が認知症予防に効果的な理由をご紹介します。

指の運動による効果

楽器を演奏する際には、指の運動が欠かせません。ピアノやキーボードを演奏するときは、10本の指を使って曲を奏でるため、まさに指の運動にぴったりです。

指先を使うことで、血流が促進され、脳への酸素や栄養が行き渡ります。これにより、脳の活性化が促され、認知機能の維持や向上につながると考えられています。

楽譜の読解による効果

楽器演奏には楽譜を読解する必要があります。楽譜を読むことは、脳にとって非常に複雑な作業です。楽譜を読みながら、音符やリズムを理解し、指で表現するための指示を読み取る必要があります。

この作業は、空間認知や情報処理能力など、さまざまな認知機能を使用します。そのため、楽譜の読解自体が脳のトレーニングとなり、認知症予防に効果的とされています。

デュアルタスクの実践

楽器演奏は、デュアルタスクを実践する絶好の機会です。

MAKOTO
MAKOTO

デュアルタスクとは、複数のことを同時に行うこと。例えば、楽譜を読みながら指を動かす、楽器の音を聴きながらリズムを保つなどが該当します。

このようなデュアルタスクは、認知症予防に効果的だけでなく、脳の多くの機能を同時に活性化させることができます。

楽器演奏の楽しさとやり達成感

楽器演奏には、楽しさややりがい達成感があります。自分がピアノやギターなどの楽器を奏でることによって、憧れの曲を一人で演奏できる喜びを感じることができます。これにより、楽器演奏は主観的な幸福感を高めることができます。

JILL
JILL

楽譜を理解し、演奏できるようになるまでの過程には、目標設定や努力が必要だね。やりがいと達成感を得ることもでき、心理的な充足感を得ることができます。

楽器演奏は認知症予防に効果的な要素である

  • 指の運動や楽譜の読解による効果
  • デュアルタスクの実践
  • 楽器演奏の楽しさややり達成感

脳の健康維持に役立つ要素が多く詰まっています。楽器演奏は単なる趣味にとどまらず、高齢期の認知能力維持や向上に絶大な効果をもたらす可能性があります。

老化を防ぐ効果があるとされる楽器

楽器演奏は脳の活性化による老化防止効果があります。特定の楽器は、その効果がより顕著であるとされています。以下に老化を防ぐ効果があるとされる楽器を紹介します。

ピアノ

  • 指の運動を中心とした演奏法が求められる楽器
  • 指の運動は脳の活性化につながり、認知機能や脳の柔軟性の維持に寄与する
  • 演奏することで記憶力や反射神経を鍛える効果もある

ギター

  • 指先の運動や指の柔軟性が必要な楽器
  • 指の独立性や協調性が求められ、これらの要素は脳の活性化に繋がる
  • 脳の右脳と左脳のバランスが整い、脳の調整機能が向上する

ヴァイオリン

  • 両手の協調性や指の正確さが必要な楽器
  • 正しいポジションやタッチが求められ、これらの要素は脳の活性化に繋がる
  • 音楽を通じた感情表現や集中力の向上が期待される

ドラム

  • 両手と両足の運動が求められる楽器
  • 演奏にはリズム感や協調性が求められ、これらの要素は脳の活性化に寄与する
  • 脳の情報処理能力や反射神経が向上する
MAKOTO
MAKOTO

老化を防ぐ効果があるとされる楽器は他にもありますが、上記の楽器は特に脳の活性化に貢献すると言われています。

JILL
JILL

楽器演奏は、脳の働きを活性化させながら楽しむことができるため、高齢者にとって理想的な活動と言えます。楽器演奏を通じて、楽しみながら老化と認知症の予防に努めましょう。

脳にいい効果のある楽器ランキング

楽器を始めることは、心と脳の健康に良い影響を与えることが知られています。脳にいい効果のある、大人でも始めやすい楽器をランキング形式で紹介します。

MAKOTO
MAKOTO

楽器の特徴と、教材やおすすめの音楽教室と一緒に紹介していきます。独学で学びたい人は左(モバイル表示は先に表示される方)、音楽教室を考える人は右に音楽教室が表示されます!

1位:ピアノ

  • ピアノは音楽の基礎を学ぶのに適している
  • ベートーヴェンやショパンなどの名曲を弾くことができる

2位:ヴァイオリン

  • 音の強弱を自在にコントロールできため、幅広い表現ができる
  • きらきら星や第九、歓びの歌などのクラシック曲が豊富にある

3位:ウクレレ

  • コンパクトで始めやすく、軽快な音楽を演奏するのに適しいる
  • 童謡や伝統的な曲からポップスまで様々なジャンルを演奏できる

4位:ギター

  • ギターはポピュラーな楽器であり、様々なジャンルの曲を演奏できる
  • フォークソングや懐メロなどの懐かしの曲を弾くことができる

5位:サックス

  • ジャズやブルースなどの音楽に適している
  • 初心者でも音が出やすく、覚えやすい指使いが特徴

6位:オーボエ

  • クラシック音楽によく使われる楽器であり、優しく独特な美しい音色が特徴
  • 世界一演奏が難しい楽器とも言われているが、その分やりがいや達成感がある
MAKOTO
MAKOTO

大人の初心者におすすめの楽器は各々の特徴によって異なります。自分の興味や好みに合わせて、楽しい音楽の世界を見つけましょう!

≫大人の習い事や趣味で始めやすい楽器は?

JILL
JILL

独学より誰かに教えてほしい、最短で上手くなりたいという人は、自分に合った音楽教室を探してみましょう。それぞれの音楽教室についての口コミ評判については、各スクール毎に詳しく調べた記事があるので参照ください。

≫実際にある音楽教室の口コミ評判はこちら!

まとめ

楽器演奏は脳の活性化によるさまざまなメリットがあります。特にピアノやヴァイオリンなどの楽器は、指の運動や楽譜の読解などによって脳の認知機能や柔軟性を維持し、老化防止に効果的です。

また、楽器演奏を通じて心情の安定や認知症予防にも効果があることが研究で示されています。大人の初心者におすすめの楽器はピアノやヴァイオリンなどがありますが、自分の好みや興味に合わせて楽しく取り組むことが大切です。

MAKOTO
MAKOTO

楽器演奏は高齢期の健康維持や心の充実にもつながります。子どもが習い事で始めるのと一緒に、自分も始めるというパパやママも多いですよ!

≫子どもの習い事でおすすめの楽器は?

よくある質問

最後に、脳トレにもなる楽器について、また老化防止や脳にいい効果のある楽器についてのQ&Aをまとめて紹介します。

JILL
JILL

この記事の内容をまとめているので、内容を理解しているかを確認しましょう!

Q
脳トレに他の方法と比べてなぜ楽器演奏がおすすめなのか?
A

楽器演奏は脳の機能を全面的に鍛えることができ、右脳と左脳の活性化や手指の鍛錬、集中力や記憶力の向上、認知症予防効果、心情の安定など多くの効果が期待できるため、脳トレにおすすめされています。

Q
楽器演奏は脳にどのような効果があるのか?
A

楽器演奏によって脳の発達やネットワーク活性化、脳の活性化、認知能力の向上、認知症予防効果などがあります。

楽器演奏は脳の機能を維持・向上させる効果が研究によって示されています。

Q
楽器演奏が認知症予防に効果的なのはなぜ?
A

楽器演奏は指の運動や楽譜の読解を通じて脳を活性化させるため、認知機能の維持や向上につながります。

また、デュアルタスクの実践や楽器演奏の楽しさややり達成感も認知症予防に役立ちます。

Q
大人や初心者におすすめの楽器は?
A

大人の初心者にはピアノやヴァイオリン、ウクレレ、ギター、サックス、オーボエなどがおすすめです。

各楽器にはそれぞれ特徴があり、自分の興味や好みに合わせて選ぶことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました